2012年7月 静岡 「第59回安倍川花火大会」

 2012-08-01
久々の地元ネタ…花火大会に行ってきました~♪


「第59回安倍川花火大会」


東京では、隅田川の花火大会があったのと同じ先週末、
静岡市の安倍川で開催された花火大会に行って参りました~!


自宅から会場の安倍川まではチャリで移動。
開演1時間前に到着し、まずは椅子とテーブルをセットアップ。
P1000022.jpg
テーブル上のタッパーは、
キュウ母が作ってくれた行楽弁当ですが...近写はNG(笑)!!


まずは、ビールで乾杯~♪
P1000023.jpg P1000024.jpg
夏の行楽ビールには、スーパードライとかバドを選択!

花火が始まる頃には混雑するものの、
隅田川みたいに恐ろしい人出、というわけではなく、
1時間前に行けば、発射場が見える場所を余裕で確保できます(笑)。

夏の行楽なので、冷酒なんかも頂きつつ、開演を待ちま~す。
P1000027.jpg P1000028.jpg
食べて飲んで、お腹のほうは一段落(笑)。


7:00PM、花火が始まりました~!
P1000031.jpg
最初の頃は、まだ空が暗くなりきってませんが・・・・、

・・・・やがて夜空へ。
P1000033.jpg

「たまや~!」
P1000035.jpg

「かぎや~!」
P1000037.jpg

スタ~マイン花火!! 露店もでてま~す。
P1000040.jpg

時々、仕掛け花火!!
P1000042.jpg

近いので、音も結構デカいです~。
P1000043.jpg

ドンっとあがった花火が・・・・
P1000045.jpg

・・・・きれいに降ってきま~す。
P1000046.jpg


花火は15,000発、約2時間続きます。

そして、ラストスパート!!
P1000048.jpg

最後に、ドドン、ドン、どんってあがりましたぁ~!!
P1000049.jpg

夏の夜は花火・・・、
「ニッポンの夏ですねぇ~(笑)!!」



話は変わって、
実は先日の旅行で、長年使っていたコンデジとお別れ・・・。
(たぶん、FCO~CDGの降機じあたりに、ポケットから滑り落ちて?)

帰国後に電器量販店に行って、新しいコンデジを購入しました。
DSC_1573.jpg
(元々、前のSONYサイバーショットは数年使ってて、そろそろ買い替え予定だったので~)

一瞬...今度はデジイチにしようか、と思いつつ、
やっぱり大きくて面倒なのでコンデジへ...今回はパナソニックです。

今回の花火記事、このカメラの使い初めです!!
これからはこのカメラで、「ねこ時々たび」を撮っていきま~す(笑)!!




スポンサーサイト

2012年4月カンボジア旅行⑩ アンコール遺跡群見物・3日目午前編

 2012-08-04
2012年4月、シェムリアップ2泊+バンコク1泊=3泊4日、してきました。
(1、2日目:シェムリアップ、3日目:バンコクに移動、4日目:帰国)
シェムリアップ滞在中、計4回のアンコール遺跡群観光をしました。
→1日目午後、2日目午前、2日目午後、3日目午前、の計4回

今回の旅のテーマは、「きっちり観光!、ゆったりリゾート!!」です。



3日目-1 郊外のバンテアイ・スレイetc.へ 


3日目、シェムリアップ滞在最終日。午前の遺跡見物は、
シェムリアップの郊外にある、「バンテアイ・スレイ」に向かいます。

この日も早朝ににホテル出発。
その前に、簡単な食事をお部屋に届けて頂きます。
DSC03400b.jpg
(ちゃんとした朝食は、帰ってきてから別にあります!)



ホテルから車で1時間弱、
「バンテアイ・スレイ」にやって参りました。
DSC03402b.jpg DSC03403b.jpg
入場のチェックゲートには、案内表示板があります。


遺跡の入口までてくてく歩き、入口・東門まで来ました。
DSC03405b.jpg DSC03406b.jpg

先程の、案内表示板の図を拝借。こんな感じで見物です。
DSC03408b.jpg

入口・東門をくぐり抜け、第一周壁の門へ。
DSC03410b.jpg DSC03411b.jpg
ここを抜けると、お濠と遺跡の中心部が見渡せます。


ちょっと参道を外れて、
斜めから視た...お濠遺跡の中心部です。
DSC03413b.jpg
中心部は 80m x 80m 位、それ程大きな寺院ではありません。


バンテアイ・スレイは、967年に、
ラージェントラヴァルマン二世とジャヤヴァルマン五世、
によって創建された、ヒンドゥー教シヴァ派の寺院だそうです。

そして、「バンテアイ・スレイ」=「女の砦」の意味を持つそうです。

この遺跡は、規模は小さいながら、
ヒンドゥー神話を描いた彫刻やレリーフは美しく、
その造形美は、アンコール遺跡群の中でも際立っているそうです。


では参道に戻り、第二周壁の門に向かい・・・・
DSC03414b.jpg
・・・・第二周壁の門から、中心部へ入っていきましょう。


中心部の、そのまた中心(第三周壁と中央祠堂)は・・・・
DSC03416b.jpg
・・・・遺跡保護のため、立ち入り禁止です。

なので周囲をぐるっと廻って眺めます。
DSC03417b.jpg

周囲から、立ち入り禁止エリア内のテバターさんを拝見。
DSC03419b.jpg

この遺跡のテバターさんは、
その美しさから、「東洋のモナリザ」と呼ばれているそうです。
DSC03421b.jpg DSC03422b.jpg

間近で見物できないのは残念ですが・・・・
DSC03424b.jpg
・・・・魅惑的ですねぇ~(笑)!!


中心部の、裏側もまわって一周。
DSC03426b.jpg



あとは、順路の順ではありませんが、
バンテアイ・スレイの....美しいレリーフを何点か挙げて。

ヴィシュヌ神の化身「ナラシンハ」が、
阿修羅王を組み伏して殺そうとしている...の図。
DSC03430b.jpg

ヴィシュヌ神の妻、ラクシュミーが、
象の聖水で身を清められている...の図。
DSC03432b.jpg

踊るシヴァ神...の図。
DSC03434b.jpg

カイラス山で瞑想するシヴァ神...の図。
DSC03436b.jpg

「ラーマーナヤ」の一節...の図。
DSC03438b.jpg
(ラーマーナヤとは、インド古代の叙事詩のひとつだそうです)



ということで、美しいテバターさん達やレリーフを眺めて、
バンテアイ・スレイの見物を終了いたしました。


チェックゲートに戻って、
まだ人気が少ないお土産屋さん、お食事処をふらふら。
DSC03442b.jpg

ふらふらしてたら、この旅行で初めて、ねこに会いました~♪
DSC03444b.jpg

こちらのねこさんは、人懐っこい感じです!
DSC03446b.jpg DSC03447b.jpg

白っぽいねこさんのほうは....ちょっと緊張気味(笑)!?
DSC03449b.jpg



バンテアイ・スレイを出て、次の遺跡に移動中の道すがら、
掘っ立て小屋っぽいお店があったので、車を停めて頂き・・・・
DSC03451b.jpg
・・・・キュウ母は、かごグッズを少々購入。



そして次の遺跡、「プレ・ループ」に到着しました~。
DSC03453b.jpg

中央祠堂と、周囲の四方の祠。
DSC03455b.jpg
合計5基の祠がそびえ建っていま~す。

プレ・ループは、
961年に、ラージェントラヴァルマン二世によって創建された、
ヒンドゥー教シヴァ派の寺院だそうです。

そして、「プレ・ループ」=「神の姿」という言葉に由来してるそうです。

祠のある高い部分に登る前に、まず周囲から見物。
DSC03457b.jpg

この寺院は、火葬の施設があったそうで、ガイドさんによれば、
DSC03459b.jpg DSC03460b.jpg
左の写真が晴天時の火葬場、右が雨天時のもの、だそうです。


祠のある高い部分に、登ってみました!
DSC03463b.jpg DSC03465b.jpg

周囲には、やっぱり熱帯雨林ですねぇ~。
DSC03470b.jpg DSC03472b.jpg

今日も暑いです~(苦笑)!!
DSC03474b.jpg

ひときわ高くそびえる、中央祠堂
DSC03478b.jpg

中央祠堂の内部は吹き抜けで、仏像さん達が鎮座してました。
DSC03480b.jpg DSC03482b.jpg



こんな感じで、2ヶ所の遺跡見物を終え、
つつがなくシェムリアップの市街に戻ってきました~。
DSC03485b.jpg



3日目午前の遺跡見物は終了で~す(↓周った箇所、地図はクリックでちょっと拡大)
2012040301.jpg


これにて、シェムリアップ滞在中の観光は、すべて終了です。

「アンコール・ワット」をナマで見たい! 
ということが始まりで、計画した今回の旅行。
遺跡のお勉強や下調べは、ガイドブックちょろ読み位でしたが....。
アンコール・ワットを始めとして、
現地でたくさんの遺跡を見てまわることができたので、
その素晴らしさに、少し触れることが出来たかなぁ~~(笑)!!


アンコール遺跡群いろいろ、半日観光 x 4回....。
今回の旅行、きっちり観光した気になりました~(笑)!!






3日目-2 アマンサラで最後のお食事(朝食)、
その後は、だらだらして...レイトチェックアウト



バンテアイ・スレイetc.見物を終え、ホテルに戻ってきました。
出発前に軽朝食を頂きましたが、今度が本番の朝食で~す。


ブレックファスト メニュー (画像クリックで拡大します)   そして、飲み物
DSC03187b.jpg DSC03489b.jpg
(食事、ドリンクetc.料金は、ホテルのCompulsory Half Board & Touring Chargeに含)

アマンサラで最後のお食事、楽しみたいと思います。
この日は、2人とも洋風にして、適当にシェアして頂きました。

リコッタホットケーキ、バナナ、はちみつバター(シェア)。
DSC03490b.jpg

ホワイトオムレツ(主にキュウ親)。
DSC03491b.jpg

オムレツ(主にキュウ母)。
DSC03493b.jpg

最後もおいしく頂きました~。

元々欧米人向けのリゾートホテルみたいなので、
クメール料理もおいしかったけど、やっぱり洋風料理のほうが
より一層、おいしかったで~す(笑)!!

「ごちそうさまでした~(笑)!!!」


遅い朝食の後は、
飛行機の時間に合わせて、13:30チェックアウトにして頂き、
出発までホテルでゆっくり過ごさせていただきました。

アマンサラ・・・・・、
昨年9月のアマンニューデリー以来、2ヶ所目のアマンでしたが、
ハード、ホスピタリティともに申し分のないリゾートホテルで、
カナ~リな宿泊料金でしたが、それ以上の価値を感じました!

旅の目的地にアマングループのホテルがあったら、
きっとまた、アマンを選んでしまう....と思いま~す♪


・・・・・名残惜しさを感じつつも、チェックアウト。
カンボジアを後にして、復路の経由地、バンコク(タイ)へ移動です.....。






「Amansara」
No 262, Krom 8, Phum Beong Don Pa,
Khum Slar Kram Siem Reap, Kingdom of Cambodia
tel (855) 63 760 333 fax (855) 63 760 335]




これにて、「カンボジア」旅行記は...実質終了です。
⑪以降は、復路の経由地バンコク(タイ)の、
 ・ホテルのお部屋&レストランレポ
 ・ヒコーキ搭乗レポ
に、なりま~す。
(バンコクでは、ホテルから外に出ていませんので~(苦笑))


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

海がイチバン!?

 2012-08-07
ホンモノの海のことは、ワタクシは存じません・・・・ byドラ
P1000207.jpg
ドラ様には、「海のタオルケット」がお似合いですよ~(笑)!!



お盆も近づいて、
本番でございます~!

ヒト用の、寝る時の掛け物も、
毎夏恒例の、「海のタオルケット」になっていて、
ベッドの上に置いてあるのですが・・・・。


「海のタオルケット」がお気に入りのドラ曰く、

この「海のタオルケット」はワタクシの物です・・・・
P1000209.jpg
・・・・夜、ヒトが寝る時に....ヒトに貸してあげています byドラ

ドラ目線の理屈では、
どうやら、このタオルケットの所有者は、ドラだそうでして....
(笑)。


夏だにゃあ~ byドラ
P1000210.jpg
この部屋、とっても暑いんですけど・・・・

暑いのはサイコーだにゃあ~ byドラ
P1000213.jpg
・・・・エアコンつけてもいいですかぁ、ドラ様?

エアコンつける程、暑くは無いと思いますけどねぇ byドラ
P1000214.jpg
政府も、「適切なエアコン使用で、熱中症予防を」って、
言ってましたよぉ、ドラ様ぁ~


夏ねこのドラ、暑いの大好きねこでして、
夏でも、日向ぼっこを強行!?してたりする...時もあります(苦笑)!!

それに、海にいるから...そう暑くないのですよ! byドラ
P1000216.jpg
海って.....タオルケットの海なのですけどねぇ、ドラ様(笑)!?

「冷房がキライなのですっ!!!」 byドラ
P1000218.jpg
・・・・・・・・・(沈黙)。

夏ねこのドラ、暑いの大好きねこでして、
ドラがいる部屋では、真夏でもエアコンの使用制限が発令中!



やっぱり、この海がイチバンだにゃあ!! byドラ
P1000220.jpg
竜宮城のねこさんみたいですねぇ、ドラ様(笑)。

海...漂うにゃあ~ byドラ
P1000222.jpg
海藻とドラ様、いつも...良い組み合わせです~(笑)!!

そうかにゃあ~ byドラ
P1000223.jpg
リラックス感...バッチリですよ、ドラ様!

ワタクシは、一年中夏が良いのですが.....。 byドラ
P1000225.jpg
それだけは勘弁して欲しいです.....、ドラ様(苦笑)。


この「海のタオルケット」、買ってもう3シーズン目、
毎夏、活躍してくれてますが....段々色褪せてきちゃいました。

でも....ドラがとても気に入ってるので、
来年も、その先も....「ドラの夏」のために、
・・・この「海のタオルケット」に、頑張ってもらわないと(笑)!!



タオルケットより....、
ひんやりな床でまったりがイチバンだにゃあ! byキュウ

P1000228.jpg
現実的ですねぇ、キュウちゃん(笑)!!

サクッとお昼寝して....、
あとは元気に遊ぶのがイチバンだにゃあ! byソラ

P1000229.jpg
若々しいですねぇ、ソラくん(笑)!!



キュウ母とキュウ親にとっては、
3ねこみんな...イチバンです(笑)!!!」




にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村

2012年6月 東京① 「鉄道博物館」(大宮・埼玉)

 2012-08-10
(コメ欄閉じてま~す、次記事で開けま~す)

6月の1泊2日東京では、大宮の鉄道博物館にも足を伸ばし、
あとは恒例のホテルステイと、お食事を楽しみました~。



1日目-1 「鉄道博物館」


1日目、大宮に所用があり、所用はサクッと済ませた後、
「鉄道博物館」を見物しに行きました~。
DSC04744b.jpg
JR大宮駅から、ニューシャトルで1駅です。

ベビーカーでお子さん連れのお母さん達や、社会科見学の子供達?、
に紛れて...中年オヤヂは1人、ずんずんと入場しま~す(笑)。
(一般:大人1,000円)

展示ゾーンの入口には、早速客車がお出迎え
DSC04746b.jpg DSC04747b.jpg

そして壮観な、展示ゾーン!!
DSC04749b.jpg

たくさんの鉄道車両が集結していま~す♪
DSC04750b.jpg DSC04752b.jpg

ヒコーキ好きのキュウ親ですが、
鉄道を見ても.....ワクワクしま~す(笑)!!
DSC04754b.jpg
でも、「鉄っちゃん」ではないので、細かい事はわかりません~。


この、先頭がボンネット型の特急、懐かしいなぁ~。
DSC04756b.jpg
子供心に、すげ~かっこいいっ!! って思ったっけ!


これはもっと懐かしい! 国電の101系だっけ?
DSC04758b.jpg
小学生の頃は、中央線快速で走ってて、
中学生の頃は、黄色に塗られた総武線普通で走ってました~。

そうそう、エアコンなんてなくって、
夏は...暑~い車内の空気を、扇風機がかき回してました~。
DSC04759b.jpg


ブルートレインのB寝台も、
学生の頃、東京~博多とかで....乗ったっけ~(笑)。
DSC04761b.jpg DSC04762b.jpg


お約束のSLや、開拓使!!の古~い客車なんかも展示してあります。
DSC04764b.jpg DSC04766b.jpg


屋外には、長い特急車両の編成が!
DSC04770b.jpg


そして、初期の東海道新幹線車両(0系)は、
開業当時の雰囲気に装飾された別棟で、展示されていました~。
DSC04774b.jpg

開業当初は、
「ひかり」は超特急、「こだま」は特急に分類されていたそうです。

素朴な行先プレートとか、回転しない座席とか、たまりませ~んっ!
DSC04775b.jpg DSC04776b.jpg
でも、同型の車両には.....、
10年ちょっと前まで、「こだま」で実際に乗ってた気も(笑)!?



あと、別コーナーでは、運転シュミレーターもありました。
DSC04780b.jpg


博物館の車両はたくさんで、とても全部は紹介しきれませ~ん(笑)!!


そして館内のレストランは、日本食堂が運営してて、
おやつに「懐かしの食堂車のベロネーズ」、食べちゃおっと思いつつ・・・・・
DSC04782b.jpg
・・・・・夕食は東京でレストランを予約してたので、ヤメときました~(苦笑)。


最近国内では、新幹線以外の特急には、あまり乗ってなかったけど・・・、
乗れなくっても、実物の乗り物をたくさん見ると、テンションあがりますねぇ~。
童心に戻って、すご~く楽しいひとときを過ごす事が出来ましたぁ!!


今度は、名古屋の「鉄道・リニア館」にも...行ってみようかなぁ~!?



「鉄道博物館」
〒330-0852 埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
電話:048-651-0088
開館時間 :10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日 :毎週火曜日および年末年始





1日目-2 「シャングリ・ラ ホテル 東京」にチェックイン


大宮から東京に引き返して、「シャングリ・ラ ホテル 東京」へ。
DSC04790b.jpg
(2012年 GOLDEN CIRCLE;6滞在目)

お部屋自体は、ここ何度かと同タイプなので、レポは特にありません~。
DSC04792b.jpg DSC04794b.jpg

いつもと異なる点といえば、
今回は、「スカイツリービュー部屋」&「朝食付き」なプラン
DSC04796b.jpg DSC04798b.jpg

ボケた写真で申し訳ありませんが、
夕暮れが近づいた時間の、スカイツリー
DSC04800b.jpg


そして、翌朝の朝食@ピャチェーレ
DSC04803b.jpg
やっぱり、メロンジュースは必須です(笑)!!

ピャチェーレの朝食については、
「アロハレディのハワイ旅行満喫プログ・Kahana様」が、
以前に詳細をレポされておりましたので・・・・・

・・・・・ここでは、この朝の卵料理だけ、紹介をば~。

オムレツ(キュウ母)
DSC04805b.jpg

ホワイトオムレツ(キュウ親)
DSC04806b.jpg

卵料理、ホテルのダイニングだけあって、おいしいです♪

残念だったのは、
Kahana様が紹介されていた、
「熊さんのチョコパン」が....無かったことですっ(泣)!!!
・・・この点は、シャングリ・ラに強く要望したいです~(苦笑)!?




次記事は...6月東京の、お食事編で~す。





「シャングリ・ラ ホテル 東京」
〒100-8283 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
T: (03) 6739 7888 F: (03) 6739 7889





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ :2012国内 トラックバック(-) コメント(-)

2012年6月 東京② 「ヌーヴェルエール」、「センス」

 2012-08-11
2店レポなので、記事がちょっと長いかも~

6月の1泊2日東京では、大宮の鉄道博物館にも足を伸ばし、
あとは恒例のホテルステイと、お食事を楽しみました~。



1日目-3 「Au goût du jour Nouvelle Ère」


鉄道博物館で、「鉄分」は充分に補給いたしました。
あとは胃袋全体と肝臓を...満たさなくっちゃいけません!

夕食は、シャングリ・ラからてくてく歩き、
新丸ビルの5階にある...フレンチレストラン、
「オーグードゥジュール ヌーヴェルエール」へ。
DSC04821b.jpg
(この日の夜は、予約だけで満席でした)

窓に面したテーブル....東京駅とご対面で~す(笑)!!
DSC04822b.jpg DSC04823b.jpg
駅舎が竣工したら、駅舎から光がこぼれて、素敵でしょうねぇ!

まずは、シャンパン(キュウ親)とカクテル(キュウ母)で、乾杯~♪
DSC04825b.jpg DSC04826b.jpg


お料理は、8,000円のコースを頂く事にしました。
DSC04827b.jpg (クリックで拡大)
キュウ母は、お肉NGなので、所々...差し替えて頂きました。

飲み物(キュウ親)は.....、
料理ごとにソムリエさんにお任せで、グラスワインを。


最初の小さなな一皿に合わせたグラスワイン
DSC04830b.jpg DSC04831b.jpg

「最初の小さな一皿」 
DSC04833b.jpg
甘くないシフォン。クリームは、玉葱の味とスモークの薫り。


二杯目のグラスワイン
DSC04834b.jpg DSC04835b.jpg

パンもきました~
DSC04837b.jpg


そして......、

「カニとヴァミセリのサラダ 赤パプリカのエキスと共に」
DSC04838b.jpg
卵黄に見せかけた赤パプリカ汁の玉!
カニの下も.....赤パプリカのソースです。


「富士の鶏 胸肉のマリネ グリーンアスパラの
冷たいヴルーテ仕立て」
(キュウ親) →キュウ母は差し替え
DSC04841b.jpg
胸肉、すご~くしっとりしてました!

「ジロール茸、とうがらしのスプーマ」(キュウ母の差し替え)
DSC04842b.jpg


「軽く温めたサーモンの軽い燻製、ゴマ風味、
山葵のヴィネグレット」

DSC04845b.jpg
サーモンに厚みがあって、
生臭くない生感と、スモーク感のバランスが、おいしいです。


三杯目のグラスワイン
DSC04847b.jpg (グラスは撮り忘れ~)

「山口県萩産 平目のパンドゥミロースト ジュ・ド・コキヤージュ」
DSC04849b.jpg
平目に載っているのは、皮に見たてたパンドゥミ。
ソースはちょっと、アジアンテイストでした~。


お肉に合わせて、四杯目のグラスワイン
DSC04851b.jpg

そして、最後の一皿.....お肉のメインは、

「タスマニアビーフ フィレの「適温」ロースト」(キュウ親) 
                       →キュウ母は差し替え
DSC04852b.jpg
見た目の大きさより、肉感があるフィレで~す!!

お肉様のご近影~♪
DSC04853b.jpg

「アラのポワレ」(キュウ母の差し替え)
DSC04854b.jpg
アラの皮はパリパリ、ポテトの中(下)にはしっかりとした風味の
ゴボウのソースが入ってました。 byキュウ母



最後の一皿は、メニューをみると、
「メインのお肉ですが、シェフの理想の火入れには、
お二人様からが適しています。」との記載がありますので、
本当は差し替えをせずに、
同じ肉料理を、二人分注文したほうが良いと思われました。

そこで当初、こちらからは、
「タスマニアビーフのフィレ」を二人分頂いて、
(・・・キュウ親が、お肉は二人分食べちゃって)
「アラのポワレ」(キュウ母の差し替え)の分は、追加代金を払って別注、
という形で構いませんよ、と提案しました。

そうしたら、店員さんがシェフと相談....、
「タスマニアビーフ」なら一人前でも「適温」に火入れできます、
と...暖かな御配慮をしてくださる事となり、結局、
最後の一皿は、「タスマニアビーフ」と「アラ」各一人前で注文可、
追加代金の発生は無し、で済みました。

お料理の味はもちろん、
無理筋なリクエストにも最善の対応をして頂き、
・・・「ヌーヴェルエール」、素敵なお店だと思いました♪
(「タスマニアビーフのフィレ」美味しかったから、二人分でも良かったかも~(笑)!!)




閑話休題、ここからデザートです.....。
DSC04856b.jpg (クリックで拡大)
こちらのデザートメニューから選択で~す。

とりあえずキュウ親は、食後酒も注文。
DSC04858b.jpg
左がカルヴァドス、右がコニャック
最初カルヴァドスを注文しましたが、残量が少なかったみたいで、
カルヴァドスは....サービスで頂きました(笑)!!



「スフレ」(キュウ母)
DSC04860b.jpg

「タルト フロマージュ」(キュウ親)
DSC04862b.jpg


最後に、カプチーノ(キュウ母)、エスプレッソ(キュウ親)・・・・
DSC04864b.jpg DSC04865b.jpg

・・・・そしてプチフール
DSC04866b.jpg



繊細で美味しい品々を、
暮れゆく東京駅を眺めつつ頂いて、
そして....素晴らしい応対とサービスで、
心地よい夕食のひとときを過ごす事が出来ました。


「ごちそうさまでした~(笑)!!!」




「オーグードゥジュール ヌーヴェルエール」
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 5F
03-5224-8070
11:00~15:00(L.O.13:30)、18:00~23:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業  定休日 不定





2日目 「センス」@MO東京 でランチ


翌日、「シャングリ・ラ ホテル 東京」をチェックアウトして、
ほど近い日本橋にある、「マンダリン・オリエンタル 東京」へ。

ホテルの中華レストラン、「センス」
DSC04880b.jpg

「如意飲茶」(点心オーダーブッフェ:5,500++円)を頂きます。
DSC04882b.jpgDSC04883b.jpg (クリックで拡大)

こちら、「如意飲茶」は、過去に2回ほどレポ済みなので、
(2010年1月訪問の記事2010年9月訪問の記事)
今回は、頂いたお料理画像の羅列ということで(笑)。


マイタイ(キュウ母)と、ヴーヴのロゼ(キュウ親)で乾杯~♪
DSC04885b.jpg


サラダ風前菜
DSC04887b.jpg
紋甲イカ、アボカド、グリーントマト、キュウリ、緑色の豆板醤


シャンパンもう1杯....モエシャン(キュウ親)
DSC04899b.jpg ←誤掲載すみません(詫)


本日の七種点心

最初の四種、
海老蒸し、海鮮焼売、野菜の餃子、と...もう一品
DSC04891b.jpg

次の一種は、蒸しパン.....中に豚肉(叉焼饅っぽくは無い味)
DSC04893b.jpg DSC04894b.jpg

残りの二種は、海老ワンタン揚げ、魚すり身湯葉巻き揚げ
DSC04896b.jpg


紹興酒・蘭亭 陳5年(キュウ親)。 白豪銀針・白茶(キュウ母)。
DSC04899b_2.jpg DSC04900b.jpg


健康土鍋炊きスープ
DSC04902b.jpg


ここから、点心オーダーブッフェで~す!

蟹爪の蝦すり身合わせ揚げ
DSC04904b.jpg

大根あん入り揚げパイ 金華ハムの香り
DSC04905b.jpg

海老入り広東蒸し餃子
DSC04907b.jpg

ホタテとカニ入り蒸し餃子
DSC04908b.jpg

スペアリブのブラックビーンズ蒸し、豚肉と海老入り広東しゅうまい椎茸のせ
DSC04910b.jpg DSC04912b.jpg


紹興酒のおかわりと、大根あん入り揚げパイのおかわり(笑)
DSC04914b.jpg DSC04916b.jpg


季節野菜と鶏肉入り蒸し餃子
DSC04918b.jpg

豚肉と海老入り広東しゅうまい椎茸のせおかわり、鶏足の香港スパイス蒸し
DSC04920b.jpg

大根もち、季節の揚げ春巻き
DSC04922b.jpg DSC04923b.jpg
 
ニラと豚肉入り餃子香り焼き
DSC04924b.jpg


点心は終了して....。

土鍋ごはん。目の前で大きなお鍋から....。
DSC04926b.jpg DSC04927b.jpg


デザート
DSC04929b.jpg
タピオカココナッツミルク(キュウ母)、胡麻団子(キュウ親)


「センス」の「如意飲茶」、
大好きで、何度も足を運んでいます。

とっても上品なホテルダイニングで、眺望も良し。
点心はどれも、素材を生かした上品な味。
(醤油etc.はサーブされません)

ここの点心、具材はもちろんですが、
皮が....と~っても美味しいんです。

そんな点心が・・・食べ放題(笑)!!!
東京で点心をお腹一杯食べたい時は、ココで~す♪
但し、早期の予約が必須なのでございます~。
(もう次の予約入れちゃってます....2ヶ月前に電話済み!!)


心ゆくまで、点心を頂きました。

「ごちそうさまでした~(笑)!!」


このあと、お隣の三越デパートをひやかし、
そして東京駅に移動し、新幹線で居住地に帰りましたとさ~。




「センス」
東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリンオリエンタル東京 37F
03-3270-8188
11:30~14:30 ランチ  17:30~22:00 ディナー
[土・日・祝]11:30~16:00 飲茶ランチ






にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫