スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2012年7月ヨーロッパ旅行⑭ 「ルドワイヤン」(パリ)で昼餐 前編

 2012-12-03
(コメ欄閉じていま~す。次記事で開けま~す)

この旅行記は2012年7月、7泊10日のヨーロッパ旅行、
成田→ローマ(3泊)→パリ(4泊)→成田
現在、パリ滞在編です(パリ観光情報はございませぬ)

今回の旅のテーマは、
「ベタな行き先で、自分たちの楽しみを上乗せする旅」で~す。



7日目-2前編 「ルドワイヤン」でランチ


この日のお昼は、
「LEDOYEN」にやって参りました。
DSC_1091.jpg
風格あふれる....一軒家のグランメゾンでございます~♪

入口を抜けて・・・・・
DSC_1093.jpg

・・・・・案内され、2階のダイニングルームへは、この階段を。
DSC_1094.jpg


気品あふれる、ダイニングルームでございます~♪
DSC_1096.jpg

ボンボンみたいなお花も、雰囲気にピッタリ(笑)!!
DSC_1097.jpg

ルドワイヤンは、フランス革命直後の1792年に創業の、
パリの中でも...長い歴史と格式を誇る老舗レストランでございます~♪

今回のヨーロッパ旅行、
「本気メシ」は、これが最後・〆なので.....、
今年はここ、ルドワイヤンで楽しんじゃいま~す。
(翌日は日帰りで小旅行、翌々日は帰国日でございます)


テーブルセッティングも、お上品に見えてきます(笑)。
DSC_1099.jpg

パン皿にのせられたナプキンは、店名入り。
DSC_1100.jpg


早速、ボランジェのロゼ乾杯~♪
DSC_1102.jpg

DSC_1103.jpg


お食事を注文する前に、アミューズがやってきます。

アミューズその1 
DSC_1105.jpg
木のスプーンにのった、ぷにぷに.....。
ジンジャーっぽい味の爽やかな汁が、透明な中に封入されてます。
一口で頂いて.....口の中で"ぷにっ"と破けます。


アミューズその2
DSC_1106.jpg
お皿に乗っているのは、
・すっぱくない大根のなますで、野菜を巻いたようなもの
・フォアグラ
・ピザ風味で、中にトリュフ汁の入ったスナック(一口で)


ここで、メニュー表がやってきました。
小さいのがランチコースメニュー。大きいのがアラカルトメニュー。
DSC_1108.jpg

フランス語は、ちんぷんかんぷんなので.....、
素直にコースメニューにして、英語で解説してもらいます(苦笑)。
DSC_1109.jpg
「前菜+メイン+チーズ+デザート」です。



お食事の注文を終えて....パンがやってきました。
DSC_1110.jpg

バターの切り身も、ケチケチせずに大ぶりのものです(笑)!!
DSC_1111.jpg


アミューズその3
DSC_1112.jpg
ミュレット(ボラ)が中に入ったスプーマ、魚出汁のジュレ



さて、この後はいよいよ、
「前菜+メイン+チーズ+デザート」が出てきま~す!!






「LEDOYEN」
1 Avenue Dutuit 75008 Paris France
01 53 05 10 00




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ :2012年夏ヨーロッパ旅行 トラックバック(-) コメント(-)

2012年7月ヨーロッパ旅行⑮ 「ルドワイヤン」(パリ)で昼餐 後編

 2012-12-04
この旅行記は2012年7月、7泊10日のヨーロッパ旅行、
成田→ローマ(3泊)→パリ(4泊)→成田
現在、パリ滞在編です(パリ観光情報はございませぬ)

今回の旅のテーマは、
「ベタな行き先で、自分たちの楽しみを上乗せする旅」で~す。



7日目-2後編 「ルドワイヤン」でランチ


前編ではアミューズまで頂いて、この後は
「前菜+メイン+チーズ+デザート」が出てきま~す!!

と、その前に...前菜に合わせて、グラスワインを。
DSC_1114.jpg
(おかわりもしちゃいました~)

キュウ母は、フレッシュオレンジシュース
DSC_1116.jpg



前菜 (キュウ母、キュウ親とも同じもの)
DSC_1117.jpg
Langoustine(手長エビ)のマリネ

見たまんまの、おいしさで~す。



キュウ母のメイン
DSC_1118.jpg
Effeuillé de cabillaud au végétal(薄切りの鱈と野菜)

鱈はクリーム状のソースに包まれていて、
周りの野菜も、とってもおいしかった byキュウ母、だそうです。


キュウ親のメインは.....まず、ワゴンで登場しました。
DSC_1120.jpg
パイが分解されて、中身をカタチ良く切っています。
DSC_1122.jpg

メイン用のグラスワインを。
DSC_1123.jpg

キュウ親のメイン、サーブされました!
DSC_1124.jpg
Foie de veau en croûte de sel(仔牛のレバー、塩パイ包み)
DSC_1125.jpg

加熱してありますが、良い感じで弾力が残っていて、
フォアグラとは違う"しっとりした脂感"があって、美味しかったです。
パイ包み焼きだから、熱の回り具合が良く、旨味が逃げないのかな?
カブ?の甘いソースとの組み合わせも、絶品でした。

後で他のテーブルを見たら、
パイも一緒に取り分けてもらっているお客さんがいて...、
自分もそうすればよかったと、ちょっと後悔(苦笑)。



立派な、チーズワゴンが登場しました~。
DSC_1127.jpg
チーズの名前は、相変わらず覚えられません(苦笑)。

キュウ母が選んだチーズ
DSC_1128.jpg

キュウ親が選んだチーズ
DSC_1129.jpg
ブルーチーズみたいなのが、超塩味キツく旨みもあって、
塩辛のノリでご飯と一緒に食べたら、おいしそうでした~(笑)。



デザートに行く前に、
キュウ親は、ちょっと食後酒が飲みたくなって・・・・
DSC_1130.jpg
・・・・手前右、年季が入ってそうなカルヴァドスを頂く事にしました。

デザートの前座と、グラスに注がれたカルヴァドス
DSC_1131.jpg



さて、デザート本番です!

キュウ母のデザート
DSC_1133.jpg
チョコ/バナナのバー状のケーキ(で、いいのかな?)


キュウ親のデザート
DSC_1134.jpg
ホワイトチョコに浮かぶ
キャラメリゼされた氷山(で、いいのかな?)

この「氷山」、マシュマロとメレンゲの中間くらいの食感でした。



そして最後に、
食後の飲み物プチフール、そしてクイニーアマン
DSC_1136.jpg
このクイニーアマンが、サックサクで軽くて、
底の部分もキャラメリゼしてあって、めちゃウマでした(笑)。



贅沢なランチになっちゃいましたが、
ヨーロッパ旅行、「〆の本気メシ」だし、まぁよしとしましょう!!
DSC_1138.jpg
でも、ほとんどキュウ親しか飲んでないのに....、
お料理代よりも、ドリンク代のほうが・・・(苦笑)!!




実は今回のルドワイヤン、
ランチで行くかディナーで行くか、迷ったのですが....。

愛読している、「Rikiya様」のブログで、
以前、ルドワイヤンのランチレポを拝読して、
窓から、午後の光が差し込むダイニングルームが
とっても美しかったのを思い出しまして、
自分たちもランチにしました~♪

想像していた通り、
上品で穏やかに時間が流れる...明るいダイニングルームで、
素晴らしい雰囲気の中、お料理を頂く事が出来ました!!
モチロン、お腹もいっぱいです(笑)。


「ベタな行き先で、自分たちの楽しみを上乗せする旅」
ここでも満喫させて頂きました。

以前、ランスのラシエット・シャンプノワーズに行った時も、
Rikiya様をパクった前科がありまして....有難うございます(笑)!!

「ごちそうさまでした~(笑)!!!」


来店時に、昇ってきた階段を降りて・・・・
DSC_1139.jpg
・・・・大満足で、お店を後にしました~。


この日のこの後は、ホテルに戻って食後の休憩をして、
あとは、いつもの如く、街ぶらしてました~。


翌日は、ロワール地方のお城を見物に、パリから日帰り小旅行です。






「LEDOYEN」
1 Avenue Dutuit 75008 Paris France
01 53 05 10 00




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ねこは○○○でまるくなる~

 2012-12-07
柿になっちゃったよっ!!! byソラ
P1020872.jpg
窮屈そうですねぇ、ソラくん(笑)!!




先月、柿を一箱頂きまして......、
小さな段ボール箱なのですが、ちょっとフローリングに置いてみたら、
さっそくソラが突入して・・・・(笑)!!

ボクの秘密基地に決めたからねぇ~♪ byソラ
P1020874.jpg
す.....捨てようと思ったんですけど、この箱...。そ.....ソラくん(苦笑)。

もう...ボクのモノになったんだから、勝手なことしちゃダメだよっ! byソラ
P1020876.jpg
はぁ、そうですか、ソラくん・・・・・

・・・・・でも、小さくまとまっていて、カワイイかも、ソラくんっ(笑)!!
P1020878.jpg
解ってくれたようだねぇ~♪ byソラ


12月に入ったら急に寒くなっちゃって...。

「ねこは小箱でまるくなる~」と、ちょっと放熱を防げて
暖かいのかしらん(笑)?




寒い朝なんかも、ちいさくまとまっちゃって.....、
ソファの上でまるくなっているソラでございます~。
P1020882.jpg

ねぇ、いつ冬は終わるの? byソラ
P1020885.jpg
いえ....冬は始まったばかりですけど、ソラくん(苦笑)!!


お日さまが出る時間も遅くなっちゃって・・・・・
P1020887.jpg

・・・・・夜明け前から、お腹が空いちゃうよっ!! by
P1020889.jpg
その分日の入りも早くなったから、
ヒトが晩酌を始めるときにはもう暗くって、いいんですよ~、ソラくん(笑)!?


それって、ボクにはメリットない気がするけど? byソラ
P1020892.jpg
あんまり気にしないでね~、ソラくん!!



しばらく、じっとしたままのソラ....。


やっぱりボクは、冬....あまり楽しくないなぁ。 byソラ
P1020896.jpg
モフモフの毛皮を着ているのに、もったいないですねぇ、ソラくん(笑)。

こたつがほしいよぉ~ byソラ
P1020900.jpg
残念ながら...こたつ買っちゃうと、
ヒトまで"こたつブラックール"から抜け出せなくなっちゃうので、
我が家では....購入を見合わせておるのですよぉ~、ソラくん(謝)。



実はリビング、エアコンかけてて、寒くはないのですが~(苦笑)。


しょうがないから、まるくなっているよ.....。 byソラ
P1020903.jpg
そうそう、冬だから....良い子にしてればきっと、
サンタさんが来てくれると思いますよぉ~、ソラくん(笑)!!!



去年はソラのところにも、
ねこに大甘なサンタさん(笑)が来たようですが、
今年は如何に???



ソラ坊って.....、
まだサンタさん、信じているのかにゃあ? byキュウ

P1020905.jpg
そんなミもフタもないことを.....、キュウちゃん(笑)!!

ワタクシは円盤クッションで丸くなっております。 byドラ
P1020906.jpg
去年購入した電気カーペットの上にも、
のってくつろいでくださいね~、ドラ様(笑)!!



師走になってものんびりしてる、
オトナたち....キュウドラでした(笑)。




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

2012年7月ヨーロッパ旅行⑯ トゥールと、ロワール地方の城めぐり(フランス) 前編

 2012-12-11
(コメ欄閉じていま~す。次記事で開けま~す)

この旅行記は2012年7月、7泊10日のヨーロッパ旅行、
成田→ローマ(3泊)→パリ(4泊)→成田
8日目は、ロワール地方へ、パリから日帰り遠足です。

今回の旅のテーマは、
「ベタな行き先で、自分たちの楽しみを上乗せする旅」で~す。



8日目-1 トゥール市街を徒歩観光


本日は、ロワールのお城を見物に、パリから日帰り小旅行です。

まずはホテルの朝食で腹ごしらえ。

この日の朝食の卵料理は、キュウ母がホワイトオムレツ
DSC_1196.jpg

そしてキュウ親はエッグベネディクトで~す。
DSC_1197.jpg


ホテルを出て、まず地下鉄で「モンパルナス駅」へ。
DSC_1199.jpg


"日帰り小旅行"の段取りは、
パリ・モンパルナス駅からトゥール駅までは列車で移動。
お昼過ぎまでは、トゥール市街を徒歩観光と、昼食を済ませ、
午後は、トゥール出発の「半日 ロワール城めぐりツアー」に乗っかり、
夜に、トゥール駅からモンパルナス駅に列車で戻る....1日です。
(列車のチケットも、現地ツアーも、事前にネット予約しました)


TGV 8415  MONTPARNASSE 09:21 - ST PIERRE DES COR 10:21
NAV 5415  ST PIERRE DES COR 10:31 - TOURS 10:36


まずはTGVに1時間ほど乗って・・・・・、
DSC_1201x.jpg DSC_1203.jpg
・・・・・トゥール駅のひとつ前の、ST PIERRE DES COR駅に行きます。

ST PIERRE DES COR駅から、
接続の普通列車に乗り換えて、5分ほどで、
DSC_1205.jpg

目的地のトゥール駅に到着しました。
DSC_1206.jpg
(この時は晴れておりますが、この日は天候が不安定な一日となりました)


トゥールは、ルイ11世の時代、
一時フランスの首都がおかれていたそうです。
今は、ロワール地方の城めぐりの起点として、賑わっています。

さて、駅前から徒歩で、まずはトゥール市街を散策・観光です。



最初にやってきたのは、
駅から徒歩10分くらいの、「サン・ガシアン大聖堂」
DSC_1210.jpg
手前の広場が狭く、背の高い大聖堂の全景が納まりません(笑)。
DSC_1212.jpg

13世紀に着工し、16世紀に完成したゴシック様式の大聖堂です。

中に入ってみましょう。
DSC_1216.jpg

高い天井ですねぇ。
DSC_1217.jpg

パイプオルガンも、立派ですねぇ。
DSC_1218.jpg



大聖堂のそばは...もうロワール川沿い。
川沿いの「ロワール城」の外観を見物します。
DSC_1223.jpg DSC_1225.jpg

15分ほど歩いて、「サン・ジュリアン教会」を通りすぎ・・・・、
DSC_1230.jpg
(手前の大きい通り、市電の線路敷設の工事....かも???)

・・・・あと5分ほど歩いて、「ブリュムロー広場」まで来ました。
DSC_1232.jpg

ブリュムロー広場は、14~15世紀の木組みの家に囲まれた、
トゥールで一番賑やかな広場だそうです。

この日は時折雨がパラつき....、まだ12時前なので人が少ないです。


広場沿いで開店していたクレープリーで、ランチにします。
DSC_1236.jpg DSC_1237.jpg

キュウ母は、「Compléte」 (ham, emmenthal, egg)
DSC_1240.jpg

キュウ親は、「Cow boy」 (minced steak, emmenthal, egg)
DSC_1241.jpg
つい、肉っぽいのを注文しちゃうんですよね~(苦笑)。

思いっきり観光客相手のお店だとは思いますが、
ちゃんとおいしいガレットで、ボリュームもありました。

食事を終えて広場に出てみたら、
人も増えていて、プチトランも出発待ちしていました~(笑)。
DSC_1243.jpg
(自分達は乗りませんでしたが.....(笑))



城めぐりツアーの集合時間まで、少し時間があったので、
もう一ヶ所、聖堂に寄ってみることにしました。

広場から歩いてすぐの、「サン・マルタン・バジリカ聖堂」
DSC_1246.jpg

4世紀のトゥールの司教、聖マルタンの
没後1世紀を経た471年にバジリカ聖堂が建てられ、
その後、火災や破壊にあい、
現在の聖堂は、19世紀に再建されたものだそうです。
聖堂地下には聖マルタンの墓が残っているそうです。

聖堂の左奥に見える「シャルルマーニュ塔」は、
12世紀のものが現存しているそうです。

中に入ってみました。
DSC_1248.jpg

天井画もきれいだし・・・・・
DSC_1250.jpg

・・・・・木製の、天井の梁も立派ですねぇ。
DSC_1252.jpg



以上で、トゥール市街の散策・観光は終了です。
バジリカ聖堂から、城めぐりツアーの集合場所(駅前)まで
また15~20分くらい歩いて.....。

後編では、「ロワール城めぐりツアー」に出かけます。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ :2012年夏ヨーロッパ旅行 トラックバック(-) コメント(-)

2012年7月ヨーロッパ旅行⑰ トゥールと、ロワール地方の城めぐり(フランス) 後編

 2012-12-13
この旅行記は2012年7月、7泊10日のヨーロッパ旅行、
成田→ローマ(3泊)→パリ(4泊)→成田
8日目は、ロワール地方へ、パリから日帰り遠足です。

今回の旅のテーマは、
「ベタな行き先で、自分たちの楽しみを上乗せする旅」で~す。



8日目-2 「ロワール城めぐりツアー」


この日の"日帰り小旅行"、前編では、
パリ・モンパルナス駅からトゥール駅まで列車で移動。
お昼過ぎまでは、トゥール市街を徒歩観光と昼食....まで済みました。

後編は、
トゥール駅前を出発する「 ロワール城めぐりツアー」で、
「シャンボール城」「シュノンソー城」を見物。
夜に、トゥール駅からパリ・モンパルナス駅に列車で戻ります。

トゥール駅前を13:00集合・出発。車で1時間強、
まずは「シャンボール城」にやって参りました。
DSC_1259.jpg

この城は、1515年にフランス王に即位した、
フランソワⅠ世によって築かれました。
即位後に遠征したミラノで、ルネッサンス文化に触れ、
フランス帰国後に、この城の建設に着手したそうです。

シャンボール城で有名なのが、
城の主塔の中央にある、「2重らせん階段」
DSC_1262.jpg
人がすれ違わないで昇降ができる構造です。

この階段、フランソワⅠ世が心酔して、
イタリアから招聘したレオナルド・ダ・ヴィンチ
発想が取り入れられた、と言われているそうです。


らせん階段を上って、城の主塔の屋上へ。

屋上からの眺め、その1。
DSC_1270.jpg
シャンボール城の敷地は、パリ市の大きさに匹敵し、
ヨーロッパ最大の森林公園になっているそうです。

屋上からの眺め、その2。
DSC_1274.jpg

屋上からの眺め、その3。
DSC_1275.jpg


そして城の屋内には、色々と展示物がありましたが、
個人的に惹かれたのが、立派な陶器のストーブ(笑)!!
DSC_1281.jpg DSC_1282.jpg




シャンボール城を後にして、車で1時間弱、
次は、「シュノンソー城」にやって参りました。
DSC_1291.jpg

シュノンソー城は、16世紀の創建以来19世紀まで、
代々の城主が女性だった事から、「6人の女の城」
とも呼ばれているそうです。

城内に入って、「礼拝堂」
DSC_1296.jpg


「ディアーヌ・ド・ポワティエの部屋」
DSC_1297.jpg

「6人の女の城」の中でも有名なのが、
2番目の城主、ディアーヌ・ド・ポワティエ。

時の王、アンリⅡ世の愛妾で美貌にたけ、
王より20歳以上年上でありながら、王の寵愛を受けたそうです。
(アンリⅡ世...熟女・美魔女ブームだったのですかねぇ!?)

しかし、アンリⅡ世の死後、
王の正妻カトリーヌ・ド・メディシスが積年の恨みを晴らすべく、
ディアーヌをここから追い出して、
・・・カトリーヌは3番目の城主となったそうでござますぅ。


「緑の書斎」
DSC_1300.jpg
3番目の城主、カトリーヌ・ド・メディシスは、
アンリⅡ世の死後に王国の摂政となって、
この部屋からフランスを統治したそうです。


「ギャラリー(回廊)」
DSC_1305.jpg
カトリーヌ(正妻のほう)の命によって、
お城からかかる橋の上に、ギャラリーの建物を増築したそうです。


ディアーヌとカトリーヌの確執とは別に....、
シュノンソー城はシャンボール城よりも小さいのですが、
内部(見学コース)が結構充実しています。
間引いて...2点ほどのみ...ご紹介をば(笑)。

「フランソワⅠ世のサロン」
DSC_1311.jpg

DSC_1313.jpg

「ガブリエル・デストレの居室」
DSC_1324.jpg


そして、お城のバルコニーから見渡せるのが、

「ディアーヌ・ド・ポワティエの庭園」(愛妾のほう)
DSC_1328.jpg

「カトリーヌ・ド・メディシスの庭園」(正妻のほう)
DSC_1329.jpg


そして、お城を後にする前に、
美しいシュノンソー城の外観を角度を変えてパチリ!
DSC_1337.jpg

DSC_1343.jpg


車での移動距離が結構長いので、
2ヶ所のお城を回って、見物時間を確保すると、
半日かかっちゃいま~す。

ちなみに今回の城めぐりツアーツアーは、
「TOURAINE EVASION」社のミニバスツアーを利用。
同じクルマに乗っていたのは、イギリス人の高齢夫妻でした。

移動の車中で、日本語のDVDガイドを貸してくれるので、
到着前に、お城の予習なんかもできます(笑)。

そしてツアーは、つつがなくトゥール駅に戻り、終了しました。
DSC_1345.jpg



NAV 6354 TOURS 19:27 - ST PIERRE DES COR 19:32
TGV 8354 ST PIERRE DES COR 19:42 - MONTPARNASSE 20:41


パリへの帰りは、行きと逆で、
まずはトゥール駅から普通列車で、隣駅のST PIERRE DES COR駅へ。

ST PIERRE DES COR駅からTGVに1時間ほど乗車して、
DSC_1350.jpg DSC_1353.jpg

終点のパリ・モンパルナス駅に戻ってきました~。
DSC_1354.jpg



パリからは、TGVなどの高速鉄道網が充実してるので、
日帰り小旅行でも、満足な一日が過ごせま~す(笑)!!



翌日はもう...日本に帰国です。

だらだらとしたペースで綴ってきたヨーロッパ旅行記も、
いよいよ次回で最終回です。
(いつものように、最終回は帰国便のヒコーキ搭乗記で~す)





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。