スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2015年12月ルアンパバーン旅行⑥ 「アマンタカ」(お部屋編)

 2016-04-02
2015年12月、4泊6日で、
ハノイ経由(1泊)・ルアンパバーン(3泊)の旅に行ってきました。

今回の旅のテーマは、
「飛行機代をケチった分、アジアンリゾートで贅沢気分♪」です。


2日目-3 「アマンタカ」にチェックィン


空港から送迎車で、「AMANTAKA」に到着です!
P1250818.jpg

なんせ今回の旅のテーマは、
「飛行機代をケチった分、アジアンリゾートで贅沢気分♪」
P1250820.jpg
ここ 「アマンタカ」に3泊 お世話になり、本懐を遂げたいと思いま~す!!


日本人スタッフに、説明やら案内して頂きつつ、
P1250822.jpg
お部屋の前までやってきました。

入室して....「ベッドルーム」です。
P1250824.jpg
カテゴリーは、「SUITE」

ベッドの上には、"仏教行事参加時用の布"が置いてありました。
P1250825.jpg

天井が高いです~(嬉)!!
P1250826.jpg

蚊帳付きのベッドって、"リゾート"って感じです♪
P1250827.jpg

反対側からの、ベッドルームビュー。
P1250829.jpg

これでも....お部屋プールなしの、一番下のカテゴリーですが、
P1250830.jpg
お部屋自体は、十二分に広いです(笑)


マクラさんは1人2個ずつと、クッションが1個ずつ。
P1250832.jpg P1250833.jpg


ソファは一畳くらいの大きさで、チョイ寝がキモチイイで~す。
P1250835.jpg

ソファに座ってベッドを見ると、こんな感じ。
P1250836.jpg


ベッドの裏手が、ラゲッジ&クローゼットスペース
P1250838.jpg

リモワ3つ置いたけど、充分な広さのラゲッジ台で~す。
P1250839.jpg

オープン・ザ・クローゼット!
P1250840.jpg


お次は、デスクや、ミニバーのあるほうへ。
P1250841.jpg
(ここの扉から、お部屋のOutdoor terraceに出られます)

デスク
P1250842.jpg
TVは無いけど、BOSEのサウンドシステムは置いてあります♪

ミニバーのボード
P1250843.jpg

オープン・ザ・ミニバー!!
P1250844.jpg
今回は、ミニバー宿泊費コミ...なので"手出OK"で~す(笑)。


今度は、洗面台シャワーそしてバスルームへ。
P1250845.jpg
手前の左右に洗面台
進んでいくと、左にシャワー、右にトイレ
一番奥が、バスルーム(バスタブ)


洗面台、同じ仕様のが2つありま~す。
P1250846.jpg

ベイスンのボウルが深くて、使いやすいです。
P1250847.jpg P1250849.jpg


進んでいくと、左にシャワー、右にトイレ。
P1250850.jpg

「トイレ」は至って普通ですが、スペース広いです。
P1250851.jpg
でも水圧が高く、ペーパーを便器に流せるって、ありがたいです(笑)

シャワールーム、こちらも広々。お湯の出もバッチリ♪
P1250853.jpg P1250854.jpg

アメニティ
P1250855.jpg
使い捨て容器でないほうが、かえって贅沢気分。


一番奥には、バスルーム(バスタブ)
P1250856.jpg

窓からは、柔らかな日差し....くつろげますねぇ♪
P1250857.jpg

バスアメニティ
P1250858.jpg



室内徘徊後は、テラスに出てみましょう。
P1250860.jpg

やや高い壁と緑が、ちゃんとプライバシーを保護してくれてます。
P1250861.jpg

テラスから見た、バスルームの外観です。
P1250862.jpg



今回のアマンタカ滞在、
「Stay three nights or more at Amantaka」ってパッケージで、
Room Rate: USD 950.00 (1泊)
Rate Description:
・daily breakfast
・return airport transfers
・a choice of three complimentary activities from the following:
  a traditional Baci ceremony – a local ritual for good luck and prosperity
  a private guided tour of Luang Prabang
  a cruise on Amantaka’s boat
  an early morning offering of alms to monks
   followed by flower arrangement offerings at Vat That Noi temple
  a monk blessing at Vat That Luang temple
  a private guided temple and village walk.


「a choice of three complimentary activities」は、
P1250864.jpg
到着時にもう、スケジュール組んでくれてあって・・・

・・・こんな組み合わせを勧めてくださいました。
P1250865.jpg
ちょうど希望してたアクティビティで、選ぶ手間が省けました♪



荷解きをしたら外に出て、ホテルの敷地を歩いてみま~す。
P1250867.jpg
(アマンタカ...フランス植民地時代の病院を、改装したそうです)


お部屋の前は、平和な雰囲気の中庭
P1250869.jpg

中庭からプール方面の視線。
P1250871.jpg

プールのほうに行ってみましょう。
P1250872.jpg


そして、リゾートに不可欠な舞台装置....プール!
P1250874.jpg
美しいです。 12月の午後、この時間は人影なく....。

ある意味...プール本体より大切な、プール"サイド"(笑)!!
P1250875.jpg
ゆったりしてて、良い雰囲気でございますねぇ♪



アマンタカ....。
もう"アマンマジック"としか言いようがなく、
ソフトもハードも申し分なくって、心身ともに快適です♪

今回はアクティビィティを詰め込まず、
「ホテルでだらだらタイム」も充分に確保しておいたので、
"アジアンリゾートで贅沢気分♪"を心ゆくまで味わえました!!

アマンジャンキーと言えるほどアマン滞在履歴は多くないけど、
旅の目的地にアマンがある時は、他のホテルが選べないです(苦笑)。
(海外に行けなくなったら....その時はアマン東京にも.行ってみたいなぁ)

正直、お安くはないけれど、
インフラが充分に整っていない土地で、快適な宿泊空間を維持して、
高いレベルのスタッフ多数を常駐させるには、
このくらいの費用は、必要なのかも知れませんね~




プールを通り過ぎて、ホテルのメイン棟に突入し、
P1250877.jpg
ロビーラウンジで、お菓子をつまんで...ちょっくら休憩~。

お茶した後に、ホテル入口の方からメイン棟を撮ってみました~。
P1250879.jpg
嗚呼...しんめとり~ウツクシき哉!



さて、夕方まで休憩したら、
ナイトマーケット見物と夕食がてら、
ルアンパバーンの街に出てみましょう。






「AMANTAKA」
55/3 Kingkitsarath Road
Ban Thongchaleun Luang Prabang Lao PDR
Tel: (856) 71 860 333 Fax: (856) 71 860 335
P1250880.jpg






<備考:旅のスケジュール>

今回の、4泊6日ハノイ経由・ルアンパバーン旅行
・1日目:成田→ハノイ ベトナム料理夕食
・2日目:ハノイ→ルアンパバーン ナイトマーケットetc. ←(今ここ)
・3日目:ルアンパバーンぶらぶら、メコン川クルーズetc.
・4日目:托鉢見学、市内観光etc.
・5日目:夕方ルアンパバーン→ハノイ→6日目 成田

大雑把に、こんな感じでした~







にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
こんばんわ!

すごい素敵ですね~
とてものんびりできそうです!
広いお部屋に天蓋ベッド。
お庭も広くて静かそうですね。
バスタブまでの通路が長くてちょっとびっくりしましたが…
そして何よりテレビがない!!
ついでに携帯も入らないといいのにな~
数年前に私がルアンパバーンに行ったときはソフトバンク入らなかったので「会社から連絡こなーい♪」とスキップしました♪
【2016/04/02 22:42】 | prego #- | [edit]
pregoさん、おはようございます!

敷地に入った瞬間から素敵さ満点!!
ホテル全体の雰囲気も、ゲストルームも、もう完璧で、
ここまで来て本当によかったと思いました♪
昔の建物を改装しているので、
ゲストルームは広くって、間取りにも余裕があって、
バスルームとトイレまでは、ちょっとした廊下気分でした(笑)!!

TV、普段は何気につけているけど、
無ければないで困らないし、時々外から鳥のさえずりも聞こえるし、
敢えて設置していないのは、良いことだと思いました~。
携帯は、しっかり入っちゃったけど(使うことがなくってよかったけど(笑))
【2016/04/03 07:30】 | キュウ親 #- | [edit]
さすがアマンですねえ~期待を裏切らないですね!
アクティビティはアマンジヲでも色々選択できて
マネージャーがあれやこれやとおススメしてきました(笑)
アマンだから可能なアクティビティもありますしね!

パブリックプールはやはりプールサイドが重要ですよね!
僕もプールに浸かるよりはサンデッキでのんびりと本でも
読みながら過ごしたい派ですので。

元々病院だったと言うのを知って「ちょっと怖い?」って
思ってましたけど、これだけ面影なく改築してるなら大丈夫!
って思いました!(笑)

chempakaでした!
【2016/04/03 23:06】 | Chempaka #- | [edit]
『アマン』は、その響きだけでも憧れてしまうのですが
響きだけで終わらない、ゲストの期待以上なのがやっぱり『アマン』ですね。

お部屋の造りも、とてもゆったりとしていて
のんびりお籠もりできちゃいますね。
ソファも1畳の広さがあったら
ゆっくりお昼寝できちゃいます~!

コンプリメンタリーのアクティビティも
すでにおすすめを組んでくれてるって、ステキです♪
【2016/04/04 11:30】 | はむこたん #- | [edit]
Chempakaさん、こんにちは!

アマンは本当に期待を裏切らないですよね~!
ここアマンタカでも、自分たちが希望するアクティビティを
うまく配分してスケジュール立ててくれてました♪

美しいリゾートのプールは、"観賞用"ですよね(笑)!!
サンデッキにすわって、お昼寝したり音楽聞いたり、
本読んだりして、ふと視線を動かすとプールがあって...。
「非日常の至福、ここに極まれり」って感じです!

新規の建築は、街が世界遺産登録されて制限があるようで。
でも、既存の素晴らしい建物を上手に利用して、
街中にリゾートを溶け込ませるのも、
アマンの素晴らしいところだと思いま~す。
ちなみに霊感ゼロの私奴、何も気になりませんでした(笑)。
【2016/04/04 12:27】 | キュウ親 #- | [edit]
はむこたん、こんにちは!

今までアマン、どこも期待以上だったので、
ルアンパバーンでも、迷わずアマンタカにしました~♪
リゾートホテルの好みって、人それぞれだと思いますが、
我が家はアマンが大好きで~す(笑)。

お部屋も、華美ではないけれど、
広くてゆっくりくつろげる仕様やデザインなので、
お部屋で無駄に過ごす時間が、ホント贅沢に感じられました!
ソファでお昼寝って、ベッドとは違った心地でいいですよね~

コンプリメンタリーのアクティビティ、
この後だらだらとレポしていく予定ですが、
とっても充実してましたぁ!
【2016/04/04 12:28】 | キュウ親 #- | [edit]
やっぱり、おフランスの香りがする建物に室内の建具で、アジアであってアジアでないような~別荘のようで素敵です
ものすごく室内もテラスも広々していて、贅沢な造りでびっくりです~
それに清潔感が漂い、お風呂からみえる緑が素敵で癒されます
鍵もレトロな感じで、いろいろ電子化になる中、すごく高級感にあふれてますね

中庭もプールもロビーもどこをとっても広々~
静かな空間でプライベートが充実しますね
アクティビティまで提案してくれて、いうことなしですね
すごい世界があるものですね~

【2016/04/04 18:10】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
こんにちは。
「アマン」。
私は妄想旅行のときしか縁がないホテルです。笑
プールサイド、落ち着いた雰囲気でさすがですね~。
私もこんなホテルに滞在してみたいです。
アメニティーの容器が可愛いですね。

ラオスでこのお値段ってものすごいです。汗
【2016/04/04 21:38】 | rika3377 #- | [edit]
こんにちわ

天蓋付きのベッドって寝たことがないんですが
東南アジアでは蚊帳にもなっているんですねー。
気分よく眠れそうです!

広々としていてナチュラルなテイストでまとまっていて
贅沢ではな雰囲気ではないけど快適に過ごせそうです。

アクティビティにお坊さん関係が入っているのが
またお土地柄を感じさせられますね!
レポの続きも楽しみです(^^♪
【2016/04/05 09:20】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
Yottittiさん、こんにちは!

コロニアル調って言うのですかねぇ?
フランスとアジアの雰囲気が調和した居心地の良いホテルでした。
敢えてTVを置かず(WiFiはバッチリですが)、レトロな感じを残して、
かえって普段の忙しさから、別世界で解放されました♪
それにしても、植民地での宗主国の建物って、
本当に立派だった...ってことですよね~(笑)!?

アマンはソフトもばっちりで、
ちょっとしたことへの気遣いも、痒いところに手が届く感じで、
アクティビティも、見たいやりたい事を提案してくれて、
素晴らしいステイになりました~。
【2016/04/05 12:24】 | キュウ親 #- | [edit]
rika3377さん、こんにちは!

この旅行では特典航空券が使えなかったので、
飛行機を格安Yにした分、アマンに予算をぶち込みましたぁ(笑)!!
瀟洒な建物に囲まれた、美しいプールや中庭、
広々としたゲストルームで素敵な時間を過ごせました♪
アメニティーの容器、ちょっと重たいけど、
プラ容器よりも見た目がいいし環境にもよさそうですよね~

インフラが不充分な土地で、これだけのサービスを提供するには、
かえって先進国にあるホテルより、お金がかかっちゃうのかも
しれませんねぇ!?
【2016/04/05 12:24】 | キュウ親 #- | [edit]
M@lauaealohaさん、こんにちは!

天蓋付きのベッド、普段お目にかからないので、
寝っ転がって非日常に浸ることができて、嬉しいです♪
ただ足のほうに柱があると、ブツけたりするんですよね(苦笑)。

建物も、昔のゆとりある間取りをうまく生かしていて、
豪華というより、"センスと居心地が良く上品"にまとまっていて、
とても穏やかな気分でステイできました~!

敬虔な仏教徒の国なので、
アクティビティにお祈りとか托鉢見学とか入ってて、
日常で煤けた心が、すこしきれいになった気がしましたぁ(笑)!?
ちまちまとレポしていきたいと思います。
【2016/04/05 12:25】 | キュウ親 #- | [edit]
床がよいですね。どうしても高層ホテルだと、絨毯が多いのですから、ホコリが気になりますう。こういう石床、木床の部屋ですとホコリを気にしなくて済むのでよいですう。蚊とかは出ませんでしたか(←ナチュラルテイストなところはどうしてもそれが気になる)。休みたい。
【2016/04/05 20:15】 | Bきゅう@風邪 #- | [edit]
Bきゅうさん、こんばんは!

寒い所だと絨毯敷きのほうがいいけど、
蒸し暑い所は、石床とか木床のほうが涼しげでいいですよね~♪
お部屋もパブリックスペースも、とってもおされで、
なおかつ良いサービスで居心地よかったですぅ。

そういえば、蚊は全く気になりませんでしたねぇ。
12月で、昼間は暑かったけど朝晩は涼しかったからですかね~?
蚊帳付きのベッドでは、雰囲気は楽しみましたが(笑)。

お風邪ですか...ご多忙とは存じますが、ご自愛くださいませ。
【2016/04/05 22:49】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちは、

すごいですねー。
値段もかなりすごいと思いましたけど。

えっと、わたしは、毎日電車のなかで、
ここにでてくるお風呂に似たような写真に
ひたすらpinしてるです(ピンタレスト)。
窓があって、外をみながらお風呂にはいれる
そういうシッチュエーションを夢見ながら
通勤電車にのっています。

プールが上品だとおもいました。
ひとり500ドル弱。。。うーーん。
無理

【2016/04/06 19:47】 | ぴき #- | [edit]
ぴきさん、こんばんは!

飛行機代をケチって、
その分をホテル代にブチこんでみました~(笑)。

そうそう、日本の露天風呂もいいけど、
欧米の、窓から外を見てバスを楽しむのも、
なかなかオツですよね~。
普段は...お風呂の窓を開けると、隣家の壁なので、
この時とばかり楽しみましたぁ♪

ひとり500ドル...でも、ヨーロッパのリゾートよりは
だいぶおトクかも~(苦笑)!?
【2016/04/07 19:39】 | キュウ親 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kyudora.blog13.fc2.com/tb.php/1042-d743efa1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。