2015年12月ルアンパバーン旅行⑫ 「アマンタカ」(ディナー 編)

 2016-05-24
2015年12月、4泊6日で、
ハノイ経由(1泊)・ルアンパバーン(3泊)の旅に行ってきました。

今回の旅のテーマは、
「飛行機代をケチった分、アジアンリゾートで贅沢気分♪」です。


3日目-5 「アマンタカ」の夕ごはん


Baciセレモニーの後は一休みして....。
P1250867.jpg
ぼちぼちと、メイン棟にディナーを頂きに参りましょう。


夜のダイニング@メイン棟、空いてます♪
P1260013.jpg

テーブルセッティング
P1260014.jpg

宿泊料金にディナーは含まれてないので、別料金です。
メニューは、「ラオス風」or「洋風」のコースです。
P1260016.jpg
ディナーメニューにライト...老眼のキュウ親には、細やかなサービスです(嬉)!!


では、ジュース(キュウ母)とビール(キュウ親)で、乾杯~♪
P1260018.jpg


お食事・デザートのメニューです(クリックで拡大)。
P1260019.jpg P1260020.jpg

P1260021.jpg


ドリンクのメニューです(クリックで拡大)。
P1260022.jpg P1260023.jpg

P1260024.jpg P1260025.jpg



キュウ母は「ラオス風」、キュウ親は「洋風」を頂く事にしました。



まずはキュウ母の「ラオス風セットメニュー」です。

<STARTER>
P1260027.jpg
P1260028.jpg


<MAIN COURSE>

ワゴンがきて、お取り分け~
P1260029.jpg

P1260030.jpg
P1260031.jpg
(鶏肉は、キュウ親が横取りで~す(笑))

調味料と、もち米のライスも付いてま~す。
P1260033.jpg P1260034.jpg


ラオス風セットメニューについている、<DESSERT>
P1260035.jpg
P1260036.jpg



そしてキュウ親の、「洋風コースメニュー」(プリフィックス)です。

まずは、パンが登場。
P1260038.jpg


<STARTER>
P1260039.jpg
P1260040.jpg
確かに鶏肉も入ってますが、
それ以上に...野菜の出汁がよ~く効いちゃってて(苦笑)。


ここで、グラスの赤ワインを頂きます。
P1260042.jpg


<MAIN COURSE>
P1260043.jpg
P1260044.jpg
ちゃんとした、フレンチのステーキです♪

お牛さまの...ご近影~♪
P1260046.jpg
キュウ親好み...赤身の旨さをしっかり楽しめます!!



<DESSERT>(洋風)

P1260048.jpg
P1260049.jpg


P1260050.jpg
P1260051x_.jpg



<食後の、お飲み物>

カプチーノ(キュウ母)
P1260053.jpg

普通のコーヒー(キュウ親)
P1260055.jpg




アマンタカのディナー、

「ラオス風」のほうは、
前日のナイトマーケット露店メシと比べて、
だいぶお上品で食べやすく、盛り付けもきれいでした♪
先に露店メシ、後でアマンタカにしといてよかったです(笑)!!

「洋風」のほうは、
スープは個人的に...だったけど(苦笑)、
お牛さまは極めて正統派で、
欧米旅行の際に頂くステーキと比べても遜色なく、
ちゃんと楽しめました~

インフラ整備が充分に整っていない土地で、
このレベルのお料理を快適に頂けるって、
素ん晴らすぃ~事だと思います♪


お会計は、税サ込み2人で、120USDちょっとだったと思います。

「ごちそうさまでした~(笑)!!」



明朝は托鉢の見学なので、早起きしなくてはいけません。

早々に...おやすみなさ~い。






「AMANTAKA」
55/3 Kingkitsarath Road
Ban Thongchaleun Luang Prabang Lao PDR
Tel: (856) 71 860 333 Fax: (856) 71 860 335
P1250880.jpg






<備考:旅のスケジュール>

今回の、4泊6日ハノイ経由・ルアンパバーン旅行
・1日目:成田→ハノイ ベトナム料理夕食
・2日目:ハノイ→ルアンパバーン ナイトマーケットetc.
・3日目:ルアンパバーンぶらぶら、メコン川クルーズetc. ←(今ここ)
・4日目:托鉢見学、市内観光etc.
・5日目:夕方ルアンパバーン→ハノイ→6日目 成田

大雑把に、こんな感じでした~







にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
キュウ親さん、こんにちは♪
すっかりご無沙汰してしまいました。

猫補給も兼ねて、旅行記楽しませてもらっています(笑)
歓迎の儀式・・・なんかスゴイですねぇ~

15分って・・・ちょっと長いかも・・・。
でも、なかなか体験できないことですよね。


ソラちゃん、誕生日を迎えましたか!!
おめでとうございます。

ホント、最初の状態から、よくここまで
これましたよね~。

これからも、のんびりとした時間を
ブログからでも感じさせてもらえたらなと思います。


タヌキ猫でした。

【2016/05/25 11:18】 | タヌキ猫 #- | [edit]
ラオス料理、美味しそうですう。スープは、現地風と洋風と同じように見えますが、違ったのでしょうか。やっぱ、現地料理のほうが当たり障りないように思いますう。Bきゅう、今日のお昼は、某レストランのトーフのステーキでしたが、甘い照り焼きソースがらみで、チャレンジャーなメニューを選んではいけないと思いましたあ。
【2016/05/25 11:54】 | Bきゅう #- | [edit]
タヌキ猫さん、こんにちは!

こちらこそ、最近タヌキ猫さんのブログ読み逃げしてて、
ご無沙汰になってました。

Baciセレモニー、ヒモを結んだり色々お祈りがあったりで、
割とあっという間の15分、厳かな現地体験ができました~♪
旅先での文化体験も、貴重ですよね。

ソラへのバースデーメッセージ、ありがとうございます!
保護した時のまるでボロ雑巾!?が、いつの間に6歳になっちゃって。
でも元気でやんちゃで、素直で甘えん坊は相変わらずです(笑)。

拙ブログが、少しでも猫補給のお役に立てれば幸いで~す!!
【2016/05/25 13:03】 | キュウ親 #- | [edit]
Bきゅうさん、こんにちは!

アマンで頂く現地料理、
食べやすくアレンジしてあって美味しかったので、
前日のナイトマーケットメシより、ちゃれんじゃーでなかったです(笑)。
スープは食べ比べてないのでわからないのですが、
多分、ベースのだし汁が一緒で、そこから現地風と洋風に分化してそう!?

トーフステーキ...、
豆腐でなくて厚揚げだったら、甘い照り焼きソースが合いそうなのに?
ロシアンルーレット的なチャレンジ精神ですね~♪
【2016/05/25 13:04】 | キュウ親 #- | [edit]
Baciセレモニーがあるなんて、びっくりしました
最初説明を説教と読み違えて、世俗の~を一人反省してみたり(笑)
なかなかできない体験でよかったですね

スープはカンボジア料理を思い出してしまいました
お食事はタイ料理とやはり似てるようにお見受けしました
お肉もガッツリの赤身で旅先でいただくのはいいですね
お肉のほうがお得な気分になりそうです


【2016/05/25 13:13】 | Yottitti #eKx3u/rI | [edit]
キュウ親さんのお牛さま、とってもおいしそうです~!!
断面図が、とってもそそられます~。
『欧米と遜色のない、おいしいステーキをいただける』って
お食事ひとつとっても、アマンタカのクオリティの高さが感じられます。
本当にすごいですね。

↓こーゆーセレモニーって、フツーに旅行しているだけだと
なかなか体験する機会ってないですよね。
写真もしっかり残って、いい記念ですね♪♪♪
【2016/05/25 14:01】 | はむこたん #- | [edit]
Yottittiさん、こんばんは!

Baciセレモニー....よく解らぬままに参加しましたが、
仏教をベースにした伝統的な現地の行事を体験できて、
よい旅の記念になりました~
・・・"説教"されちゃったら...それも有り難味があったりして(笑)!!

お料理....味付けと素朴さが、
タイ料理よりは、カンボジア料理に似ているのかも知れません!?
洋食のお肉のほうは、見た目の大きさよりもガッツリでした♪
珍しさではラオス風、おトク感では洋風のチョイスかも(笑)。
【2016/05/25 18:32】 | キュウ親 #- | [edit]
はむこたん、こんばんは!

お牛さま、ちゃんと美味しかったです♪
ルアンパバーンでこのレベルを楽しめれば、充分有難いです!!
アマンリゾートのダイニング、どこに行っても
ちゃんとした料理の材料があってシェフがいるところが、
料金に見合った...もしくはそれ以上って思います!

↓Baciセレモニー、
ホテルのアクティビティになければ知らない行事だったので、
予定に組み込んであって良かったです!
日本では(たぶん)体験できそうにないから、
記念写真コミで...良い記念になりました♪
【2016/05/25 18:33】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちわ

ラオス料理、初めて見ました!
葉っぱに包まれたのも料理なんですよね?
ハワイのラウラウという葉っぱに包まれた肉料理を思い出しました。
ごはんがもち米っていうのも面白いですね!

そしてかたや正統派フレンチ
お牛さまの焼け具合も完璧でおいしそー( ´¬`)ジュル

伝統料理と正統派フレンチの両方を楽しめるなんて
さすがアマンリゾートですねー!
【2016/05/26 09:54】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
M@lauaealohaさん、こんにちは!

ラオス料理、もちろん自分達も今回初めて(笑)!!
葉っぱのが"MOK PA"で、バナナの葉っぱで包み蒸しにした
魚系の料理と思います(具体的な中身は失念してしまいました~)。

お米は、もち米を主食にしているそうで...。
日本のお赤飯に比べて、ちょっと水気が少ない気がしたけど、
お米の甘さが感じられて、美味しかったです♪

フレンチのお牛さま...ステーキがあると、つい頼んじゃって(笑)。
ルアンパバーンでこのレベルのお料理が頂ければ、
もう文句はございません!!

ゆったりしたアマンで、ゆったり食事を楽しみましたぁ!
【2016/05/26 12:34】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちは。
メニューにライトアップサービスって、これこそ痒いところに手が届くサービスですよね。
私もこの間のリゾートでは毎晩ライトアップはされているものの、日が沈んだ後の暗いテラス席でメニューを読むのに苦労しましたよ~。苦笑
こんな時って皆さんどうされてるのかなといつも不思議に思います。

これだけ心遣いがちゃんとしているのであれば、お料理も美味しく滞在もさぞ楽しかったでしょうね~。
【2016/05/28 04:38】 | rika3377 #- | [edit]
rika3377さん、おはようございます!

そうなんです、ここ2~3年で老眼が進み...、
"手元が明るい"のって、とてもありがたくって(笑)!!

自分も、他のレストランで、
店内の照明が暗くて雰囲気はいいものの、
小さい字で書いてあるメニューを読むのに困ったことが~
・・・まさか、虫眼鏡とか持ち歩くわけにもいかないし(苦笑)。

アマンリゾートは、細かいところまで行き届いていて、
居心地よくステイできます♪
【2016/05/28 08:39】 | キュウ親 #- | [edit]
地元の珍しい儀式をもアクティビティでゲストに
提供するあたりが、アマンらしいですね~
スピリチュアル好きの欧米人には堪らないメニューですね!

ルアンパバーンでちゃんとした?洋食を食べようとすると
街中でも結構な価格がするので、120ドルとはお得かも?

翌朝は托鉢ですか?もちろんアマンの事、御供え物も
調達済みなんでしょうねえ~

chempakaでした!


【2016/05/30 01:49】 | chempaka #- | [edit]
chempakaさん、おはようございます!

アマンは快適で居心地いいのに加えて、
地元の文化とか味覚も尊重し、積極的に取り入れてますよね♪
そういうところも、他の豪華なだけのリゾートと
一線を画していると思います~。
欧米の人たちは、自分たち以上に東洋の神秘に
惹きつけられそうですねぇ。

料理も、ルアンパバーンで
このレベルのものをちゃんとしたサービスで頂ける。
それが素晴らしいと思います!

そう、翌朝は托鉢、
もちろんアマンで全てお膳立てしてくれてありました~。
【2016/05/30 07:31】 | キュウ親 #- | [edit]
ご無沙汰しています。

メニューにつけてくれるライトいいですね!
粋なサービス。私も最近めっきり目が悪くなってスマホが…(汗)
スープの野菜のだし汁が出てしまっていた件…どんな感じだったのでしょうか?
泥臭いとかでしょうか
めっちゃ気になりました!
【2016/06/03 20:17】 | prego #- | [edit]
pregoさん、こんにちは!

pregoさんも視力低下ですかぁ、お大事に!
自分は、ここ3年ほどで、すっかり老眼になってしまい・・・。
旅行中は見栄を張って、レジャー用の遠近両用で"ない"眼鏡を使ってて、
メニューのライト、すごく助かりましたぁ(笑)!!

スープの野菜の出汁は、泥臭いというより、
野菜そのものの味というか出汁というか...野菜好きなら美味しそうだけど、
野菜嫌いな自分的には、ちょっとザンネンでした~(苦笑)。
【2016/06/04 09:16】 | キュウ親 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kyudora.blog13.fc2.com/tb.php/1060-e7f03d95
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫