2012年4月カンボジア旅行⑥ アンコール遺跡群見物・2日目午前編

 2012-06-10
「アンコール・ワット!!!」 これを見にきたんですっ!
DSC03116.jpg



2012年4月、シェムリアップ2泊+バンコク1泊=3泊4日、してきました。
(1、2日目:シェムリアップ、3日目:バンコクに移動、4日目:帰国)
シェムリアップ滞在中、計4回のアンコール遺跡群観光をしました。
→1日目午後、2日目午前、2日目午後、3日目午前、の計4回

今回の旅のテーマは、「きっちり観光!、ゆったりリゾート!!」です。



2日目-1 いよいよアンコール・ワット見物


いよいよ「アンコール・ワット」見物です!
5:30amにホテル出発。その前に、簡単な食事をお部屋に届けて頂きます。
DSC03044b.jpg
(ちゃんとした朝食は、帰ってきてから別にあります!)


6:00am少し前、
夜明け前の「アンコール・ワット」に到着!  (東側の入口)
DSC03050b.jpg

中に入って、ご来光を待ちましたが・・・・・
DSC03056b.jpg DSC03058b.jpg
・・・・・あいにく、朝は曇っていて、拝めませんでした~。


気を取り直して、
第二回廊の内側から、第三回廊や塔を見物します。
DSC03060b.jpg

DSC03061b.jpg

DSC03065b.jpg


壁に彫られた、デバターさん達。
DSC03067b.jpg DSC03069b.jpg
デバターとは、遺跡群の遺跡壁面に残る女性像だそうです。



「アンコール・ワット」

12世紀初頭に創建、
アンコール遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院。
創建者は、スールヤヴァルマン二世。

2012040201a.jpg (原図はグーグルから拝借)
南北約1300m、東西約1500mのお堀に囲まれた
敷地内にあります。

グーグルの航空写真で見ると、こんな感じ。
2012040201b.jpg
(原図はグーグルから拝借)




さて本題に戻り、もうしばらく、第二回廊側から、塔や第一回廊を眺めます。
DSC03072b.jpg

DSC03076b.jpg

DSC03078b.jpg



次は、第一回廊の内部を歩いて、浮き彫りを見ます。

「乳海攪拌」の中心部分、指揮をとるビシュヌ神。
DSC03081b.jpg
乳海攪拌とは、ヒンドゥー教の天地創造の場面だそうです。

「乳海攪拌」、神々の軍の行進
DSC03082b.jpg


第一回廊の天井には、修復された木彫りが設置された箇所も。
DSC03083b.jpg DSC03084b.jpg


「天国と地獄」、地獄に落とされる人たち。
DSC03087b.jpg

「天国と地獄」、閻魔大王さま。
DSC03088b.jpg
閻魔大王さまは、18本の手に剣を持った姿だそうです。


「スールヤヴァルマン二世の行軍」
DSC03089b.jpg

「マハーバーラタ」の戦闘場面
DSC03096b.jpg
マハーバーラタとは、インド古代の叙事詩のひとつだそうです。


続いて、十字回廊の内側にある、沐浴の池。
DSC03099b.jpg
これは、単なる沐浴の池ではなく、
クメール王国の、治水・灌漑能力の象徴として、造られたらしいです。

また、天井の一部は、当時の彩色が残っているそうです。
DSC03103b.jpg

しかし、そのそばには、
DSC03104b.jpg
「コレハ....ラクガキ.....デス」by ガイドさん。。。


そして、建物から出て、西参道~西塔門のほうに進みます。


「西参道」
DSC03106b.jpg

西参道をちょっと横にそれて、建物を見てみると...。
DSC03113b.jpg
ここが、5本の塔すべて収まる「撮影ポイント」だそうで~す(笑)!!


また西参道をちょっと進んでそれると、「経蔵」
DSC03117b.jpg DSC03118b.jpg
これは、日本が何か支援してるんですかねぇ。


塔や建物から、だいぶ遠のきました。
DSC03121b.jpg



そして、「西塔門」まで来ると、
門の脇には、「歯を出して笑うデバター」
DSC03123b.jpg
ガイドさんによると、歯を見せてるデバター、
アンコール・ワットでこの一体だけ、だそうです!?


このあたりの柱には、内戦の銃痕が。。。。
DSC03127b.jpg DSC03128b.jpg



そして、西参道を抜け、アンコール・ワット敷地の外へ。
アンコール・ワット前の広場は、賑わってます!
DSC03133b.jpg



ということで、今回の旅行のメインイベント、
「アンコール・ワット」見物、堪能させていただきました~♪







2日目-2 象に乗っておさんぽ


次は、アトラクション系(笑)!?

アンコール・ワットからちょっと移動して、
(アンコール・トムの)南大門」にやって参りました。
DSC03136b.jpg

南大門にかかる橋の石像
DSC03137b.jpg DSC03138b.jpg
左側は神々、右側は阿修羅だそうです。

橋のたもとは、のんびりした風景。鳥の親子も仲良さそう~。
DSC03141b.jpg DSC03143b.jpg


この場所に、「象乗り場」があるんで~す♪
DSC03152b.jpg

ここ南大門から
アンコール・トム内のバイヨン(前日に見物済み)まで
1kmちょっとを、象に乗っておさんぽで~す(笑)!!
(20USドル/1人くらいだったかなぁ?)


さぁ出発! ゾウさんの頭皮がちょっと笑える~!?
DSC03158b.jpg DSC03161b.jpg
南大門も、ゾウの上からみると...地面から見るのと少し違うかも!?

ゆったりと歩くゾウ、目線も高くなるので・・・・・
DSC03163b.jpg
・・・・・「何だか偉くなった気分」です(笑)!!!

ゾウさん、おさんぽの途中で、地面の葉っぱを見つけると・・・・・
DSC03172b.jpg
・・・・・一旦ストップして、かがんで食べたりしてま~す。

15~20分くらいで、終点のバイヨン、そして象降り場が近づいてきました。
DSC03176b.jpg DSC03178b.jpg
つつがなく、ゾウさんのおさんぽ、終了しました~。


「ゾウさん、ありがとね~(笑)!!」
DSC03180b.jpg




2日目午前の遺跡見物は終了で~す(↓周った箇所、地図はクリックでちょっと拡大)
2012040201c.jpg
(原図はグーグルから拝借)


さぁ、ルモックでホテルに戻って、朝ごはんを頂きましょう~。

 


2日目の流れ...、昼間は暑~いので、こんな感じです。
 ・ルームサービスで、簡単なプレ朝食
 ・早朝から「観光」(2~3時間)
 ・帰ってきてから、ちゃんとした朝食
 ・昼間の時間帯は、ホテルでまったりリゾートライフ
 ・遅めの午後から「観光」(2~3時間)
 ・ディナー
 ・ナイトマーケット







にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
すごいすごい!すごーい!

「アンコールワット」
私行ったことがなくて、いつか行って見たかったんデス(n‘∀‘)η

写真でもこんなに興奮するんだから、実際前にしたら
もっとすごいんでしょうね〜!

いつか行った時に楽しめるよう、ブログしっかり読まさせていただきました〜(#^.^#)
【2012/06/11 03:08】 | 気まぐれちい #- | [edit]
気まぐれちいさん、おはようございます!
ブログご訪問&コメントありがとうございま~す。
(いつも読み逃げで申し訳ありません(苦笑))

自分も「アンコールワット」を見るのが今回の大目的で、
たくさんあるアンコール遺跡群のなかでも、ここは別格でした!!
実物を見て、素ん晴らしくって、思い切り圧倒されちゃいました~(笑)。

説明のほうは、かなりざっくりでしたが、お役にたてれば幸いで~す。

これからも、よろしくお願いしま~す!!
【2012/06/11 07:21】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちわ

ちょっとした朝食…胃袋Sサイズにはがっつり朝食に見えます(笑)

アンコールワット、さすがに見ごたえたっぷりですねー!
先日見たTVで、アンコールワットは横幅が広いから高く見えないけど、20階建てのビルくらいの高さがあるんだって言ってたような…
ナマで見たら迫力あるんだろうなぁ…いつか見たいものです。

ゾウさんの後頭部のぱやぱや、かわいいですよね(笑)
【2012/06/11 09:39】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
M@lauaealohaさん、こんにちは!

ちょっとした朝食...内容は確かに、
コンチネンタルブレックファストと一緒かも~(笑)。
朝5時前に食べてるので、この量でも結構お腹にたまります!?

アンコールワットは、うまく言葉に出来ないのですが、
想像以上に素ん晴らしくて、思い切り圧倒されちゃいました~!
地面から(回廊の外から)中央塔を見るとかなり高いので、
20階建てくらいあるかもしれませんねぇ!!!
・・・ナマで見ること、オススメしま~す(笑)。

ゾウさん大きいけれど、後頭部のぱやぱやとか、つぶらな瞳とか、
個々のパーツもかわいいです~(笑)!!
【2012/06/11 12:54】 | キュウ親 #- | [edit]
ついにきましたね、アンコールワット。
中の壁に色が残っているのが驚きました。
すっかり黒っぽい石のイメージが定着していますが、
建設された当時は、色とりどりでタイの寺院みたいに
奇麗だったのでしょうね~!
そこに着飾った象に乗った貴族が列をなして、
華やかな王国だったのでしょうね。

デバターさん達、スタイル良くて羨ましいです(笑)
【2012/06/11 14:44】 | ポケ #- | [edit]
これがあの有名なアンコールワットなのですね!
彫刻が精密で本当に素晴らしいですね。人物が今にも動き出しそうな躍動感があって、実際に見ると感動しそうです。
象さんの乗り心地はいかがでしたか?楽しそう~。
【2012/06/11 17:12】 | Ms Traveler #- | [edit]
ポケさん、こんにちは!

今回の旅のメイン、アンコール・ワットです(笑)!!

中の彩色は、一部だけでしたが残っていて、
この熱帯雨林の中、よくぞ残存して発見されたと思います!
石の黒いカビ?の部分も、一度は朽ちかけた遺跡の趣となって、
今...現在自分たちの眼で見るアンコール・ワットを、
さらに際立たせていると思いま~す!!

クメール王朝の王様達、
立派な寺院、大きな象、強い軍隊etc.、
豪華絢爛な絵巻を繰り広げていたのでしょうねぇ!
当時を...オールカラーで見てみたいですね。

確かにテバターさん達って...、
コルセットがちがちの、近代ヨーロッパ貴婦人に負けない位、
スタイル良いですねぇ(笑)。
【2012/06/11 17:38】 | キュウ親 #- | [edit]
Ms Travelerさん、こんにちは!

ここが、是非一度訪れてみたかったアンコールワットです(笑)!!
彫刻は、回廊や建物いっぱいに広がっていて、
一つ一つが色々な表情をみせていました!
彫刻のたくさんの人の列、上下に組み合わされ構図は、
遠近法を用いずに世界の広がりや躍動感を
表現しているそうで~す。

象さんは、結構縦揺れしましたが、
ゆっくりだし目線が高くって、楽しかったで~す♪
【2012/06/11 17:40】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちは、

よくわかりませんが、やはりアンコールワットは
偉大です! なんか、すごく大きいし
どの宗教にも天国と地獄があるのですね。
地獄にいくようなことをしてはいけないのですね。

ゾウさん、かわいかったでしょうか?
【2012/06/11 19:22】 | ぴき #- | [edit]
あのぞうさんの、おもむろにあるアタマの毛を触ってみたい気がしました。それにしても、象の上って、かなり高いですよね。それで揺れるとけっこう怖くないですか。

それにしても、よくこういう大きな建物を作りましたよね。感心しますだ。
【2012/06/11 20:24】 | Bきゅう #- | [edit]
第三回廊は登れましたか?
私は登れなくなっていた時に行ってしまって
とっても残念でした。
その後、再開したと聞いてガックシでした。

【2012/06/12 00:09】 | ピー助 #- | [edit]
おはようございます♪

きました、アンコール・ワット!!!
どうも内戦のイメージで、カンボジアは怖いと思って今までなかなか足を踏み入れられないのですが…
やはり実際に行った方のお話を聞くと、とっても行きたくなりますね。。。
こういった浮き彫りの装飾が大好きなので、行ったら多分すごくはまるんでしょうが…

象さんに乗ってお散歩、いいですねぇ~!!
以前アユタヤで乗るチャンスがあったものの、
暑すぎてそんな気分になれず…子象をなでなでしましたが
毛、見た目と違ってすごい剛毛ですよね…
上から見るとちょっと笑えますね。。。
次チャンスがあれば乗ってみたいです。
【2012/06/12 09:16】 | naotomomo #- | [edit]
ぴきさん、こんにちは!

アンコール・ワット、
建物も敷地も広かったです!
彫り物なんかも、見てると迫ってくるような感じで、
クメール王朝は、豊かで栄えていたのでしょうねぇ~。

天国と地獄...洋の東西を問わず、
人間の考える事って似ているのでしょうねぇ!
地獄に行くと、お酒飲めなさそうだから...、
行きたくないかも~(笑)!?

ゾウさんは、あのゆったりした仕草が
何ともかわいいです~
【2012/06/12 12:38】 | キュウ親 #- | [edit]
Bきゅうさん、こんにちは!

ゾウさんの頭皮と髪?の毛、触ってみたかったですが、
触ろうとして座席から前かがみになったら転落確実なので、
触れませんでしたぁ~(笑)!!

ゾウ乗り、結構揺れましたが、
平地をてくてく歩くだけだったので、怖さはなかったです。
山道のゾウ乗りとかだと、怖いみたいです~!?

建物ってデカいと...、
それだけで畏敬の念を感じちゃいますよね~(笑)!!
【2012/06/12 12:39】 | キュウ親 #- | [edit]
ピー助さん、こんにちは!

第三回廊は、この時も登れませんでした。
やっぱり、階段からの転落事故とかがあるようで、
そのあたりが影響しているのですかねぇ!?
登って周囲を見回すことが出来たら...、
きっと素晴らしい眺めでしょうね!
【2012/06/12 12:40】 | キュウ親 #- | [edit]
naotomomoさん、こんにちは!

ついに念願のアンコール・ワット見物を果たし、
雄大な建物、繊細な彫刻...自分の目で見て大満足でした!
回廊一面に広がる浮き彫りは、迫力満点です(笑)!!

アンコール遺跡群やシェムリアップの街、
観光で栄えてて、世界中から観光客が集まってて...。
自分も、行ってみるまでは...どんなんかなぁと思いましたが、
行ってみたら、「気軽なアジアの旅」ノリで過ごせました(笑)。

象さんは、ゆっくりのそのそ歩く...その背中に乗って、
周囲を見回していると、何だか楽しくなっちゃいます(笑)!!
そうそう、象さんって大きいだけあって、
皮膚とか毛とかが硬いですよね~
象さんの頭皮を、上から目線で見る機会って滅多にないので、
これも楽しい経験でした~(笑)。
・・・次に象さんに巡り会ったら、是非乗っちゃってください!!
【2012/06/12 12:42】 | キュウ親 #- | [edit]
アンコール・ワット、すごいですね!
まじまじと写真を見てしまいました。。
お勉強になりまーす!

実物はとても迫力がありそうですね。

象さんに乗ってみた~~い☆
【2012/06/12 23:30】 | Kahana #- | [edit]
Kahanaさん、こんにちは!

実物のアンコール・ワット、
建物の大きさや美しいデザイン、彫刻の繊細さ、
どれをとっても立派で素晴らしい遺跡でした~!

旅行に行って、ブログの記事を書いて、
ようやくちょっぴり、アンコール遺跡群の知識が
頭に入った感じです~(苦笑)!?

象さん、高い目線とゆったりとしたスピード、
若干の揺れのスリル...、乗ると楽しいですよ~♪
【2012/06/13 12:15】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちわ。
アンコールワットは美しいですね。
森の中に囲まれて、遺跡の美しさが際立ちます。
私もいつか行ってみたいです。

象の頭~!可愛いですね~。
あの頭の毛、太くて大好きです。
周りの風景も雰囲気あるし、象さんのお散歩楽しそうです。
【2012/06/16 13:14】 | くらち #- | [edit]
くらちさん、こんばんは!

アンコール・ワットは、月並みな表現ですが、
神秘的で、エキゾチックで、実物を見に行く事が出来て、
本当に良かったで~す(笑)!!
遺跡が熱帯雨林の中に佇んでいるというのは、独特な雰囲気です!

象さんの頭は、象さんには失礼だけど、
上から見ると...薄い毛がぽわぽわしてて、可愛い&笑っちゃいました~!
象のお散歩、普段できないし、視線は高いし、楽しかったで~す(笑)。
【2012/06/16 21:20】 | キュウ親 #- | [edit]
大変ご無沙汰しました~
アンコールワット、ヨーロッパの寺院とは違って、精細な彫刻がいいですね!
気球からの眺めも楽しみです

猫ちゃんたちもお元気そうで~(笑)
猫ちゃんは短い人生なのに、キュウ親さんに怒られそうですが、我が家の狭い路地には、猫よけがいっぱいです。
でも平和な2日間で、猫嫌いにならずにすみそうです

ローマも久しぶりなんですね
遺跡がいっぱいで見所満載ですね
地下鉄でジプシーに会いましたが、エスカレーターなど気をつけて、楽しんできてくださいね~!
【2012/07/05 13:23】 | Yottitti #S0MVRpSc | [edit]
Yottittiさん、こんばんは!ご無沙汰で~す。

ついに新居が竣工、引越しされたのですね!
おめでとうございま~す♪

アンコールワットのエキゾチックな彫刻や、
ちょっとひなびたアジアンな風情、素晴らしいです(笑)!!
そして気球からマクロに眺める姿も、素敵なんです~。

ウチの3ねこ達、元気に過ごしていますよ~。
Yottittiさん新宅のそばに居る...ねこ達になり替わりまして、
ごめんなさい~!

イタリアは10回位行きましたが、ローマは12年ぶりです!
ほとんど忘却の彼方なので、新たな気持ちで観光を楽しんできます(笑)。
スリetc.治安に気をつけて、旅したいとおもいます~。
【2012/07/05 20:44】 | キュウ親 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kyudora.blog13.fc2.com/tb.php/577-4227fea3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫