2012年4月カンボジア旅行⑧ アンコール遺跡群見物・2日目午後編

 2012-07-05
2012年4月、シェムリアップ2泊+バンコク1泊=3泊4日、してきました。
(1、2日目:シェムリアップ、3日目:バンコクに移動、4日目:帰国)
シェムリアップ滞在中、計4回のアンコール遺跡群観光をしました。
→1日目午後、2日目午前、2日目午後、3日目午前、の計4回

今回の旅のテーマは、「きっちり観光!、ゆったりリゾート!!」です。



2日目-4 上からアンコール・ワット。榕樹の遺跡etc.


午前の観光の後は、ホテルに戻って、
食事をしたり、のんびりしたり、お昼寝したり.....まったり過ごしました。

さてさて、午後の観光に出発で~す!


まず最初は、「アンコール・バルーン」
DSC03204b.jpg
そう、気球に乗って、アンコール・ワットを眺めます!


気球は上昇を開始し....見えてきました、アンコール・ワット!!
DSC03210b.jpg

TV番組の「世界弾丸トラベラー」で紹介されてたこの気球
これに乗るのを、すご~く楽しみにしてたので...ワクワクですっ(笑)!!


気球は一定の高さで静止。 上空から見たアンコール・ワットです!
DSC03213b.jpg

DSC03216b.jpg

DSC03219b.jpg

午前中に間近に見たアンコール・ワットも素晴らしかったけど、
上空から俯瞰すると....改めて偉大な遺跡だなぁって、感激で~す!


視界はもちろん360°なので、アンコール・ワット以外の方向も。
DSC03222b.jpg

これは、シェムリアップの市街地でしょうか?
DSC03225b.jpg

のどかですねぇ~。
DSC03228b.jpg

良く見たら、牛さん達が沐浴していました~(笑)。
DSC03231b.jpg DSC03234b.jpg

ということで、楽しい気球タイムでした♪

ちなみにこの気球、地上とワイヤーでつながっているので、
いわゆる遊覧飛行はできませんが、ある意味...安心です~(笑)。
DSC03237b.jpg DSC03241b.jpg
受付では、気球からの色んな風景写真が紹介されてました。



次に向かったのは、「プラサット・クラヴァン」
DSC03245b.jpg
921年に、ハルシャヴァルマン一世によって創建された、
ヒンドゥー系の寺院だそうです。

ヴィシュヌ紳を祀っているそうです。
DSC03248b.jpg DSC03251b.jpg
中央塔の内部には・・・・・、

・・・・・ヴィシュヌ紳の浮き彫りがあります。
DSC03254b.jpg

そして、この寺院の特徴は、
総レンガ造りである、ということだそうです。
DSC03257b.jpg



次は、「スラ・スラン」
DSC03259b.jpg DSC03260b.jpg
案内板のたっている入口、のどかでございます。

スラ・スランは、
12世紀末に、ジャヤヴァルマン七世によってつくられた・・・・・、
DSC03263b.jpg
・・・・・王が沐浴するための池、とされています。

700m x 300m の屋外巨大プール、みたいな感じです。
DSC03265b.jpg
撮ってませんが、地元の子供が水遊びしてました~(笑)。



その次は、気球と並ぶ(笑)...重要観光処、
「タ・プローム」....スポアン(ガジュマルの一種・榕樹)の遺跡です。
DSC03267b.jpg DSC03268b.jpg
まずは参道を、しばらく歩いていきます。

しばらく歩いて、東門の入口まで来ました。
DSC03270b.jpg

タ・プロームは、
1186年に、ジャヤヴァルマン七世によって創建された、
仏教系(後にヒンドゥー系)の寺院だそうです。

当初は、
ジャヤヴァルマン七世が母親のために造った仏教僧院だったのが、
後の時代にヒンドゥー寺院に改造されちゃったらしい、そうです。

ところでこの東門、
外側(左写真)を見ると、屋根から木が生えてるようですが・・・・・、
DSC03273b.jpg DSC03278b.jpg
・・・・・内側(右写真)から見ると、木が建物に覆いかぶさってます!

そう、スポアン(榕樹)に....踏みつけられているような、東門!
DSC03281b.jpg

門から、建物のある敷地内に入っていくと、一部修復中。
DSC03282b.jpg

タ・プロームは、近年までわざと、
樹木の除去や本格的な修復をしないで、
自然の中に建物が置かれたままの状態にしていたそうですが、
熱帯雨林の中で、大きく成長するスポアン(榕樹)によって、
遺跡自体が本当に壊れてしまう恐れが出てきたので、
修復が進められるようになった...そうです。


ということで、
ここでは「遺跡に木がからまった」のを見物するのが、
ポイント
だそうで~す。

大蛇のような根っこ
DSC03286b.jpg
鉄パイプ?で下支えしてるみたいです。

遺跡...根っこに埋もれてます!
DSC03288b.jpg
オレンジの帽子を被った、アジアン団体学生さん?も記念写真!!

ガイドさんに、木の真ん中あたりの窪みをよく見てと言われ・・・
DSC03291b.jpg DSC03292b.jpg
・・・良く見ると、窪みの中に埋もれた顔(笑)!!

上を見ると、緑の葉っぱが生い茂り・・・・・
DSC03295b.jpg DSC03297b.jpg

・・・・・下を見ると、根っこが血管のように絡んでます~。
DSC03298b.jpg

根っこだけだと単調なので.....美しいテバターさん!
DSC03302b.jpg

再び...やりたい放題の根っこ。 
DSC03305b.jpg
これが、タ・プロームの中で一番の巨大木だそうです。

それにしても....スポアン(榕樹)、恐るべし!
DSC03307b.jpg DSC03310b.jpg

そして、西側から見たタ・プロームの中央祠堂
DSC03311b.jpg


このあとしばらく、タ・プローム敷地内の密林を、ガイドさんの後ろについて歩きました。
DSC03317b.jpg DSC03318b.jpg

先程までの観光客の喧騒がウソみたい....誰もいない静かな密林。
さすがに地雷とかはもう撤去されてるだろうけど、ヘビでも出そうな雰囲気(苦笑)。

しばらく密林を歩いたら、
タ・プロームの外周の壁に設置された、北塔門に着きました。
DSC03320b.jpg

外周の壁も、木の影響は避けられず・・・・・
DSC03325b.jpg DSC03326b.jpg

・・・・・やっぱり根っこが被さってます!
DSC03328b.jpg

外周の壁を、壁伝いに歩いて、しつこく根っこを見つつ・・・・・
DSC03329b.jpg

・・・・・車通りに面した、賑やかな西塔門に到着。
DSC03333b.jpg

西塔門の前の広場には、売店が並んでて、
DSC03336b.jpg DSC03338b.jpg
ホテルのルモック(トゥクトゥク)も、ここで待っててくれました~。



2日目午後の遺跡見物は終了で~す(↓周った箇所、地図はクリックでちょっと拡大)
2012040202.jpg

暑い中、結構歩いて....きっちり観光したかも~(笑)!!


さぁ、ホテルに戻って、休憩&夕食にしましょう。
夕食の後には、シェムリアップのナイトマーケットを、
ひやかしに行きたいと思いま~す。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

(またここで、カンボジア旅行記は一旦中断で~す)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
おぉー記憶が蘇ってきます。
タ・プロームの
侘び寂びな感じが好きでした。

バルーンがワイヤーで繋がってるんですか!
操縦の問題かしら??
それも、ある意味おもしろいですね。

気球からは、アンコールワットが曼荼羅になっているのが見られるんですよねー。いいなぁー。
【2012/07/05 21:54】 | ピー助 #- | [edit]
こんばんわ

バルーンの上から眺めるアンコールワット…
まさにネ申の気分ですね!
雄大な風景なんでしょうね…

木に取り込まれたような遺跡もすごいです!
自然の力に比べれば、人類の創造したモノなんてなんともろいものなのか…

↓のフレンチトーストがおいしそーです!
オレンジ色のソースみたいのが気になります。
【2012/07/05 22:47】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
アンコール・バルーンは色もかわいいですね。
空からの景色もとても美しいです。
ジャングルの中の遺跡も綺麗だし、午後の日差しと木陰が気持ちよさそうです。
【2012/07/05 23:25】 | くらち #- | [edit]
キュウ親さん!はじめまして!でした?(笑)
chempakaです。。。

アマンサラ&アンコールバルーンと読んで
コメントせずにいられなくなりました!(笑)

アマンサラはオールインクルーシブのプランですか?
いいですねえ~~。。。何回かアマンサラの前を通りましたが
ホテルの名前を示すサインがどこにもないんですよね!
びっくりしました!さすがといおうか。。。

アマンサラの向かいのラッフルズも気になるのですが
やっぱりアマンかなあ~。。。

アンコールバルーン!こんな景色が見られるのですね?
画像で見られてありがたいです(笑)
きれいにアンコールワット寺院も西バライも見られるんですね~感動しました!

タプロームはほんと神秘的な寺院ですね!
インドの修復チームががんばっているようですが
このスポアンが絡みつく遺跡の雰囲気を残しつつ
修復してほしいですねえ~。。。

このトゥクトゥク!アマン仕様ですね!?
その辺のトゥクトゥクと雰囲気が違いますね!
いいなあ~~

我家にもロシアンブルーのにゃむ君がいるので
夫婦で長い旅行が難しいです(苦笑)
帰ってきたら、必ずスネてるんですよね~(笑)

引き続き、時々お邪魔させて頂きます!!
宜しくお願い致します!
【2012/07/06 01:05】 | Chempaka #- | [edit]
キュウ様方偉いです。Bきゅうだったら、あんなにおいしそうな朝ご飯を食べた後は、観光をパスして、お昼ね状態に突入しそうです。ああでも、観光をしてくるから、帰ってちゃんと夕飯を食べることができるのかも。でも、時差の影響とかは出なかったのでしょうか。
【2012/07/06 10:41】 | Bきゅう@トン系ホテル泊中 #- | [edit]
ピー助さん、こんにちは!

木におしつぶされそうなタ・プローム、
他の遺跡よりも侘びサビと妖しい雰囲気漂ってますよね~!

このバルーン、いわゆる本物の熱気球ではないので、
ケーブルカーみたいな感じで、
巨大な風船を、地上にあるモーターとワイヤーでひっぱって、
上げ下げしていました!!

アンコール・ワットを設計、建造した人たちは、
後年、上空から眺めることを意識して...たらすごいですね(笑)!!
【2012/07/06 12:51】 | キュウ親 #- | [edit]
M@lauaealohaさん、こんにちは!

間近で見たアンコール・ワットも素晴らしかったのですが、
上空から見たアンコール・ワットの美にも、圧倒されました!

本当はヘリをチャーターしようかなと考えたのですが、
30分で1,000USD超だったので、ヤメときました~(苦笑)。

タ・プロームは遺跡もさることながら、
密林の木々の生命力の凄まじさを、まざまざと見せ付けられました!!
・・・だからこそ人間も、必死に美しい寺院を造ったのでしょうね~。

↓のフレンチトースト、細かい味を失念してしまったので、
キュウ母に感想聞いてみて...お伝えしま~す(笑)。
【2012/07/06 12:52】 | キュウ親 #- | [edit]
くらちさん、こんにちは!

アンコール・バルーン、まっ黄色で、
他に黄色の建物etc.もないし、すごく目立ってました!

上空からの眺めは、
アンコール・ワットもカッコよかったけど、
景色が広がっていて、とっても気持ちよかったで~す(笑)!!

ただ、午後になると、チリチリの日差しと湿度で、
カナ~リ暑かったで~す(苦笑)。
【2012/07/06 12:55】 | キュウ親 #- | [edit]
chempakaさん、はじめまして!
ご訪問&コメント、ありがとうございま~す。

アマンサラの料金は、
別途料金追加のオールインクルーシブしかなくって、
でも1泊2食2観光付きだったので、
結果的には良かったなぁと思います!

外から見ると壁だけ見えて、内部もほとんど見えないし、
ナゾの建物ですよね~(笑)!!
トゥクトゥクは敷地内に数台、いつもピカピカに磨かれて
スタンバッてました~。

向かいのラッフルズのバーとか行こうと思ったのですが、
アマンサラのオールインクルーシブで酔っぱらったので、
行かずじまいでした....(苦笑)。

観光に行くと、つい高所に行きたくなりまして、
興味本位で乗ったアンコール・バルーンでしたが、
アンコール・ワットの素晴らしい姿を始めとして、
360°の風景や他のものも見ることができて、楽しかったです!
サンライズ(サンセット?)の時間帯も、いいみたいですよ。

タ・プロームは、スポアンが遺跡を壊しているのか、
スポアンの根っこのせいで遺跡が朽ちずにあるのか...、
よくわからないけど、根っこの曲線の妖しさを
このまま残して欲しいですよね(笑)。

chempakaさんも、ねこと暮らしておいでなのですね!
ウチは旅行の時はいつも、シッターさんを依頼するのですが、
帰宅した日の甘え方と大鳴きには、
ちょっとすまないキモチにさせられちゃいます~(苦笑)。

これからもよろしくお願いします♪
【2012/07/06 12:56】 | キュウ親 #- | [edit]
Bきゅうさん、こんにちは!
トン系修行、お疲れ様で~す。

マンゴスチンは日本で買うと高いので、
たくさん頂いてきて食べまくっちゃいました~(笑)!!

観光をパスして、夜までお昼寝が王道なのですが、
なんせ...コンパルソリーのチャージが、
1泊2食「2観光」付...パスすると損なのでぇ~(苦笑)!?

時差は2時間だったので、
米国内の東西移動より...ラクチンでございました~!
【2012/07/06 12:57】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちは!
牛さんの沐浴する姿がなんとものどかでいいですね~。
しかし遺跡に絡む樹木。年月を感じさせますね~。
これだけ木々が成長しちゃうと、遺跡の保存も大変ですね・・・
【2012/07/07 05:33】 | rika3377 #- | [edit]
rika3377さん、おはようございます!

遺跡を眺めるだけでなく、
上空からの牛さんや景色も楽しめました~(笑)!!

熱帯雨林の生命力の力強さ、つくづく感じました!
この状態のまま遺跡を保存するのは、大変そうですよねぇ。
【2012/07/07 09:50】 | キュウ親 #- | [edit]
気球からの眺め素敵ですね。
森の中にある王朝なのですね~。

木の根に埋まった遺跡には約千年の時の流れを感じます。栄枯盛衰、諸行無常という言葉を思い出します。
欧州の遺跡とは雰囲気も、感じられるものも違ってきて、興味深いです。
【2012/07/08 13:17】 | ポケ #- | [edit]
ポケさん、おはようございます!

気球からのアンコール・ワット、
間近で見るのとはまた違った壮観さでした!
タ・プロームの根っこが絡んだ遺跡の姿は、
何となく現代人への警鐘にも見えなくないような....(苦笑)!?

昨日はローマの遺跡を見ましたが、
西洋と東洋の遺跡、やっぱり違いますねぇ~(笑)!!
【2012/07/09 12:03】 | キュウ親@ローマ #- | [edit]
こんにちは♪

気球から見るアンコール・ワット、絶景ですね!
いつか行けたら…私も乗ります!!

タ・プロームも写真でよく見かけますが、
実際行くとすごい雰囲気なのでしょうね…
木の生命力に驚かされました。

牛さんたちものどかでいいですね♪
【2012/07/11 11:23】 | naotomomo #- | [edit]
気球からの眺めは絵葉書で素敵ですね
その壮大さがわかって楽しそう~
気球も乗ったことがないので、それだけですごく魅力的

タ・プロームの自然の強さを感じられてみてみたいです
アンコールワットは放置されてる遺跡が多いみたいなので、大事に守っていってほしいですね

ローマいかがですか~
おいしいものを食べて楽しんでくださいね!
【2012/07/11 11:55】 | Yottitti #S0MVRpSc | [edit]
naotomomoさん、おはようございます!

気球からの眺望は、すっごくお勧めです!
是非ぜひ、アンコール・ワットに行かれた際には乗ってくださ~い(笑)!!
牛さん達は、暑い中マイペースで、ちょっとうらやましいですねぇ。

タ・プロームは、人間と自然の相克というか....、迫力ありました!
熱帯雨林の力強さと、そこに寺を建ててしまう文明、
どっちも素晴らしいなぁって、感心しちゃいました~(笑)。
【2012/07/11 12:56】 | キュウ親@ローマ #- | [edit]
Yottittiさん、おはようございます!

気球からの眺めは壮大で、
アンコール・ワットの雄大で繊細な姿に、感動しちゃいました~!
タ・プロームも、大自然の凄まじい力と、その中で一度は朽ちかけた遺跡に、
人の世を思わせる何かを感じて、見学する事が出来てよかったです~。

ローマでは、色々とおいしいイタリアンを頂いちゃいました!
今日でローマを後にして、パリに向かい、また色々食べま~す(笑)!!
【2012/07/11 12:58】 | キュウ親@ローマ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kyudora.blog13.fc2.com/tb.php/586-4ea9e036
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫