2012年4月カンボジア旅行⑩ アンコール遺跡群見物・3日目午前編

 2012-08-04
2012年4月、シェムリアップ2泊+バンコク1泊=3泊4日、してきました。
(1、2日目:シェムリアップ、3日目:バンコクに移動、4日目:帰国)
シェムリアップ滞在中、計4回のアンコール遺跡群観光をしました。
→1日目午後、2日目午前、2日目午後、3日目午前、の計4回

今回の旅のテーマは、「きっちり観光!、ゆったりリゾート!!」です。



3日目-1 郊外のバンテアイ・スレイetc.へ 


3日目、シェムリアップ滞在最終日。午前の遺跡見物は、
シェムリアップの郊外にある、「バンテアイ・スレイ」に向かいます。

この日も早朝ににホテル出発。
その前に、簡単な食事をお部屋に届けて頂きます。
DSC03400b.jpg
(ちゃんとした朝食は、帰ってきてから別にあります!)



ホテルから車で1時間弱、
「バンテアイ・スレイ」にやって参りました。
DSC03402b.jpg DSC03403b.jpg
入場のチェックゲートには、案内表示板があります。


遺跡の入口までてくてく歩き、入口・東門まで来ました。
DSC03405b.jpg DSC03406b.jpg

先程の、案内表示板の図を拝借。こんな感じで見物です。
DSC03408b.jpg

入口・東門をくぐり抜け、第一周壁の門へ。
DSC03410b.jpg DSC03411b.jpg
ここを抜けると、お濠と遺跡の中心部が見渡せます。


ちょっと参道を外れて、
斜めから視た...お濠遺跡の中心部です。
DSC03413b.jpg
中心部は 80m x 80m 位、それ程大きな寺院ではありません。


バンテアイ・スレイは、967年に、
ラージェントラヴァルマン二世とジャヤヴァルマン五世、
によって創建された、ヒンドゥー教シヴァ派の寺院だそうです。

そして、「バンテアイ・スレイ」=「女の砦」の意味を持つそうです。

この遺跡は、規模は小さいながら、
ヒンドゥー神話を描いた彫刻やレリーフは美しく、
その造形美は、アンコール遺跡群の中でも際立っているそうです。


では参道に戻り、第二周壁の門に向かい・・・・
DSC03414b.jpg
・・・・第二周壁の門から、中心部へ入っていきましょう。


中心部の、そのまた中心(第三周壁と中央祠堂)は・・・・
DSC03416b.jpg
・・・・遺跡保護のため、立ち入り禁止です。

なので周囲をぐるっと廻って眺めます。
DSC03417b.jpg

周囲から、立ち入り禁止エリア内のテバターさんを拝見。
DSC03419b.jpg

この遺跡のテバターさんは、
その美しさから、「東洋のモナリザ」と呼ばれているそうです。
DSC03421b.jpg DSC03422b.jpg

間近で見物できないのは残念ですが・・・・
DSC03424b.jpg
・・・・魅惑的ですねぇ~(笑)!!


中心部の、裏側もまわって一周。
DSC03426b.jpg



あとは、順路の順ではありませんが、
バンテアイ・スレイの....美しいレリーフを何点か挙げて。

ヴィシュヌ神の化身「ナラシンハ」が、
阿修羅王を組み伏して殺そうとしている...の図。
DSC03430b.jpg

ヴィシュヌ神の妻、ラクシュミーが、
象の聖水で身を清められている...の図。
DSC03432b.jpg

踊るシヴァ神...の図。
DSC03434b.jpg

カイラス山で瞑想するシヴァ神...の図。
DSC03436b.jpg

「ラーマーナヤ」の一節...の図。
DSC03438b.jpg
(ラーマーナヤとは、インド古代の叙事詩のひとつだそうです)



ということで、美しいテバターさん達やレリーフを眺めて、
バンテアイ・スレイの見物を終了いたしました。


チェックゲートに戻って、
まだ人気が少ないお土産屋さん、お食事処をふらふら。
DSC03442b.jpg

ふらふらしてたら、この旅行で初めて、ねこに会いました~♪
DSC03444b.jpg

こちらのねこさんは、人懐っこい感じです!
DSC03446b.jpg DSC03447b.jpg

白っぽいねこさんのほうは....ちょっと緊張気味(笑)!?
DSC03449b.jpg



バンテアイ・スレイを出て、次の遺跡に移動中の道すがら、
掘っ立て小屋っぽいお店があったので、車を停めて頂き・・・・
DSC03451b.jpg
・・・・キュウ母は、かごグッズを少々購入。



そして次の遺跡、「プレ・ループ」に到着しました~。
DSC03453b.jpg

中央祠堂と、周囲の四方の祠。
DSC03455b.jpg
合計5基の祠がそびえ建っていま~す。

プレ・ループは、
961年に、ラージェントラヴァルマン二世によって創建された、
ヒンドゥー教シヴァ派の寺院だそうです。

そして、「プレ・ループ」=「神の姿」という言葉に由来してるそうです。

祠のある高い部分に登る前に、まず周囲から見物。
DSC03457b.jpg

この寺院は、火葬の施設があったそうで、ガイドさんによれば、
DSC03459b.jpg DSC03460b.jpg
左の写真が晴天時の火葬場、右が雨天時のもの、だそうです。


祠のある高い部分に、登ってみました!
DSC03463b.jpg DSC03465b.jpg

周囲には、やっぱり熱帯雨林ですねぇ~。
DSC03470b.jpg DSC03472b.jpg

今日も暑いです~(苦笑)!!
DSC03474b.jpg

ひときわ高くそびえる、中央祠堂
DSC03478b.jpg

中央祠堂の内部は吹き抜けで、仏像さん達が鎮座してました。
DSC03480b.jpg DSC03482b.jpg



こんな感じで、2ヶ所の遺跡見物を終え、
つつがなくシェムリアップの市街に戻ってきました~。
DSC03485b.jpg



3日目午前の遺跡見物は終了で~す(↓周った箇所、地図はクリックでちょっと拡大)
2012040301.jpg


これにて、シェムリアップ滞在中の観光は、すべて終了です。

「アンコール・ワット」をナマで見たい! 
ということが始まりで、計画した今回の旅行。
遺跡のお勉強や下調べは、ガイドブックちょろ読み位でしたが....。
アンコール・ワットを始めとして、
現地でたくさんの遺跡を見てまわることができたので、
その素晴らしさに、少し触れることが出来たかなぁ~~(笑)!!


アンコール遺跡群いろいろ、半日観光 x 4回....。
今回の旅行、きっちり観光した気になりました~(笑)!!






3日目-2 アマンサラで最後のお食事(朝食)、
その後は、だらだらして...レイトチェックアウト



バンテアイ・スレイetc.見物を終え、ホテルに戻ってきました。
出発前に軽朝食を頂きましたが、今度が本番の朝食で~す。


ブレックファスト メニュー (画像クリックで拡大します)   そして、飲み物
DSC03187b.jpg DSC03489b.jpg
(食事、ドリンクetc.料金は、ホテルのCompulsory Half Board & Touring Chargeに含)

アマンサラで最後のお食事、楽しみたいと思います。
この日は、2人とも洋風にして、適当にシェアして頂きました。

リコッタホットケーキ、バナナ、はちみつバター(シェア)。
DSC03490b.jpg

ホワイトオムレツ(主にキュウ親)。
DSC03491b.jpg

オムレツ(主にキュウ母)。
DSC03493b.jpg

最後もおいしく頂きました~。

元々欧米人向けのリゾートホテルみたいなので、
クメール料理もおいしかったけど、やっぱり洋風料理のほうが
より一層、おいしかったで~す(笑)!!

「ごちそうさまでした~(笑)!!!」


遅い朝食の後は、
飛行機の時間に合わせて、13:30チェックアウトにして頂き、
出発までホテルでゆっくり過ごさせていただきました。

アマンサラ・・・・・、
昨年9月のアマンニューデリー以来、2ヶ所目のアマンでしたが、
ハード、ホスピタリティともに申し分のないリゾートホテルで、
カナ~リな宿泊料金でしたが、それ以上の価値を感じました!

旅の目的地にアマングループのホテルがあったら、
きっとまた、アマンを選んでしまう....と思いま~す♪


・・・・・名残惜しさを感じつつも、チェックアウト。
カンボジアを後にして、復路の経由地、バンコク(タイ)へ移動です.....。






「Amansara」
No 262, Krom 8, Phum Beong Don Pa,
Khum Slar Kram Siem Reap, Kingdom of Cambodia
tel (855) 63 760 333 fax (855) 63 760 335]




これにて、「カンボジア」旅行記は...実質終了です。
⑪以降は、復路の経由地バンコク(タイ)の、
 ・ホテルのお部屋&レストランレポ
 ・ヒコーキ搭乗レポ
に、なりま~す。
(バンコクでは、ホテルから外に出ていませんので~(苦笑))


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
バンテアイスレイは、優美な彫刻で
柔らかい印象がありました^^
赤っぽい色の石で、女性っぽいですよね。

ホットケーキが美味しそう。
【2012/08/04 22:28】 | ピー助 #- | [edit]
はじめの虫やしないは、パンとミルクと、あとは、アイスコーヒーですか?菓子パンがおいしそうです。
【2012/08/04 23:20】 | Bきゅう #- | [edit]
ピー助さん、おはようございます!

バンテアイ・スレイは、
他の遺跡群と比べて小さめだけど、上品な感じですよね~。
材質も彫刻も、女性の優美さを出すことに腐心したのでしょうね!

ホットケーキもオムレツも...、
文句なしにおいしゅうございました~(笑)!!
ただ、リゾートのせいか欧米人の利用が多いせいか、
サーブされるのがゆっくりでしたけど(苦笑)。
【2012/08/05 07:56】 | キュウ親 #- | [edit]
Bきゅうさん、おはようございます!

茶色っぽいのは....、
アップルジュースか、ミルクで割ってないバナナジュースか、
多分、どっちかだったと思いますぅ。

早朝菓子パン、程よい糖分で、朝の脳みそによさそうでした~(笑)!?
【2012/08/05 07:57】 | キュウ親 #- | [edit]
キュウ親さま こんにちは!
なかなか保存状態のいいレリーフですね。立ち入り禁止はちょっと残念ですが。
しかしアマンはさすがですね〜うらやましい。半日観光×4というのがまた贅沢な周り方ですね〜 僕もそろそろそういう旅ができるようにならないといけないのだろうか。。
ところでホワイトオムレツってのは、カロリーとか気になる方のためのものなのでしょうか?僕はどうも、あれを出されるとガッカリするんですが。
【2012/08/05 09:32】 | hungrykaz #- | [edit]
やっぱり歴史が染みこんだ古い遺跡は重みというか、雰囲気が良いですね~。
プレループもかなり大きいようですね。
こういう大型の遺跡や彫刻がたくさん残っているなんてすごーい!

ところで、最初の写真の白と茶色の飲み物が気になったのですが、コーヒーとミルクでしょうか??



【2012/08/05 18:30】 | ポケ #- | [edit]
hungrykazさん、こんばんは!

バンテアイ・スレイのテバターは、すごく魅力的でした。
立ち入り禁止だからきれいに保存されているのでしょうが...、
できれば間近に見たい所です~(苦笑)。

アマンサラ、ホテルの中で過ごす時間も、
余裕があって無駄のない半日観光の提供も、どちらも申し分ありませんでした~。
夏旅行以外は短期旅行の我が家には、最善のサービスだったと思います(笑)。

ホワイトオムレツ...、元々はなんなのでしょうねぇ?
ホテルによってフワフワだったり、目玉焼きの外側みたいのだったり、
結構バラエティがあるので、面白いので注文しちゃいます~(笑)!!
【2012/08/05 21:47】 | キュウ親 #- | [edit]
ポケさん、こんばんは!

バンテアイ・スレイは、女性のレリーフが優美なので、
アンコール遺跡群の中でも、華やかな印象を受けました!
プレループは、バンテアイ・スレイと比べ、建物はかなり大きくて背も高かったです。
どの遺跡も、古くなった建物の石の鄙び具合がまた...良かったです!!

最初の写真、
左はミルク、右はアップルジュースだったような気がしますが...、
実際はどうだったのかなぁ(笑)?
普段飲まないような飲料だったら覚えてるはずなので、
メニュー的には...ありがちなものだったかと思います~~。
【2012/08/05 21:51】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちは、

よくわからないけれど、
圧倒されます。 こういうのが、ジャングルっていうか
そういう中に存在するんですよね。
で、この遺跡さんたちが現役だったころの、
人々はどういう感じだったのか、
知りたい気がします。 その前に、歴史をお勉強しないと
理解できませんけどね。

お食事もクオリティーたかそうですが、
パンケーキに心引かれます。

【2012/08/05 22:51】 | ぴき #- | [edit]
バンテアイ・スレイ。。。
東洋のモナリザと呼ばれるレリーフはこの立ち入り禁止エリア内に
あって、見れないんですよね~。。。

僕もどれだけ、隙を見てロープを越えて見てやろうか!と
思ってましたがそこはマナー、マナー。。。残念でした!

プレ・ループでは夕日がきれいに見られるポイントでも
有名なのですが、一度もきれいな夕日を見た事がありません(苦笑)

シェムリアップというか、アンコールの遺跡に惚れてしまい
また近々、訪れると思いますがその時は、僕もアマンサラ、
もしくはラッフルズがいいなあ~。。。

アマンのホスピタリティって独特ですよね!
それと何よりも立地!僕の好きなアジアの世界遺産や
自然豊かなところにあるんですよね~!いい!

目下、目標はフィリピンのアマンプロ!!

さあ!仕事仕事!(爆)

chempakaでした!
【2012/08/06 03:30】 | Chempaka #- | [edit]
おはよーございます

この建築物の彫刻って石に彫刻してあるんですよね?(←こども以下の疑問)
石にあれだけ緻密で繊細な彫刻ってできるものなんですねー…
どこの遺跡もそうですが、昔のひとの技術や知恵ってすばらしいですよね!
あの人たちがあっていまの地球の繁栄があるんだな、としみじみ思います。

リコッタチーズのホットケーキ(パンケーキ)って世界中でブームなんでしょうか?
最近よく見かけるような気がします…
【2012/08/06 09:13】 | M@lauaealoha #NqNw5XB. | [edit]
ぴきさん、こんにちは!

1000年も前に、ジャングルの中に...、
こんな立派な建物を造っていたって凄いことだと思います!
その頃も、きっと優美な文化とか、ぐちゃぐちゃに戦争とか、
大河ドラマみたいに、色んな出来事が渦巻いていたのでしょうね~。

我が家も、訪れる遺跡のガイドブックの箇所を
ちょろ読みする位なので...細かい事については~(苦笑)!!

お食事は、凝ったものもおいしかったし、
シンプルなパンケーキやオムレツも、良い塩梅でした~(笑)。
【2012/08/06 13:00】 | キュウ親 #- | [edit]
chempakaさん、こんにちは!

バンテアイ・スレイの立ち入り禁止エリア、
残念だけど、遺跡保護のためには仕方ありませんよね~。
でも、エリアの外から見ることのできるレリーフを眺めて、
結構満足する事ができました~(笑)。

プレ・ループは夕陽ポイントだったのですね!
いつかまたシェムリアップに訪れたなら、
夕方狙いで行ってみま~す(笑)!!

アンコール遺跡群、我が家的には半日観光x4でも、
結構ボリュームがあって、不消化な箇所もあったので、
アンコール・ワットの朝日リベンジも兼ねて、
また訪れてみたい場所になりました~。
・・・今度はお向かいのラッフルズもいいかも~♪

アマンは、インフラの充分発達していないところ、
でも、こんな所にリゾートがあったら最高みたいな場所に、
バリバリ先進国トップレベル品質のハードとソフトを設えて、
でもケバケバしてない所が、すごいなぁと思います!
我が家では...しばらく先になりそうですが、
ブータンのアマンに行ってみたいね~...とか話してます。
・・・そのために日常は、ガッツリ仕事ですよね~(苦笑)!!
【2012/08/06 13:02】 | キュウ親 #- | [edit]
M@lauaealohaさん、こんにちは!

石に彫刻して、それがこんなにたくさんあるって、
本当に凄い事ですよね~。
遺跡によって、使っている石材が異なるそうなので、
きっと彫りやすい材質の石とかって、あるのでしょうねぇ!?

電気や動力を使わない時代って、
人力の延長上で、様々な技術を工夫していたわけだから、
ある意味...現代よりも凄いですよね~!!

今の地球の繁栄、先人達の賜物に違いありませんっ!
自分を含め、ちょっと驕っちゃった現代人、
先人達の努力を無駄にしないようにしなくっちゃ、ですよね。

リコッタチーズのホットケーキ...、
次の旅先でも、チェックしてみなくっちゃ、ですね~(笑)!!
【2012/08/06 13:04】 | キュウ親 #- | [edit]
こんにちは!

バンテアイ・スレイ、素晴らしいですねぇ…
レリーフ、全体はもちろん…近くで見たらまた
ため息がでそうです。。。
立ち入り禁止なのは残念ですが…

ヒンドゥー神話をモチーフにしているのですね、
その辺りはやはり西洋のものと同じなのですねぇ。

ねこさん達がちょっとカンボジア顔?!
な気がしますね…人懐こいと嬉しいですね♪

リコッタホットケーキにホワイトオムレツ…
しっかり観光したあとの朝食がまた美味しそうです!
【2012/08/06 18:51】 | naotomomo #- | [edit]
naotomomoさん、こんばんは!

バンテアイ・スレイは、シェムリアップ最終日の観光に相応しい、
優美なレリーフを持った遺跡でした~(笑)!!
立ち入り禁止エリアがあるのは残念でしたが、
遠目からでも雰囲気は充分楽しめたので、訪れた価値は大有りでした~。
ヒンドゥーの神々が登場するレリーフ、生き生きとしてました!

旅先でねこさん達に会うのは、楽しいですよね~(笑)!!
カンボジア猫...和猫よりも、シャム猫の血が濃いのですかねぇ~!?

ホットケーキやオムレツ、日常のようで非日常な朝食メニュー、
おいしく味わって、たくさんパクパク食べちゃいました~。
【2012/08/06 21:57】 | キュウ親 #- | [edit]
いいな!いいな!いいな〜っ!

「バンテアイ・スレイ」に「プレ・ループ」…遺跡巡り大好きです!

なんとも素敵な遺跡ちゃんたち…魅せられます☆彡
キュウ親さんの解説がわかりやすくて、楽しかったデス。

私もいつか行ってナマで見てみた〜い!

今はキュウ親さんのブログでエア旅行&勉強させていただきま〜す(^O^)

PS:リコッタホットケーキにオムレツもおいしそ〜(*゚▽゚*)
【2012/08/07 00:39】 | 気まぐれちい #- | [edit]
気まぐれちいさん、こんにちは!

遺跡たちは、似ているといえば似ているし、
でも石の材質やデザインが違ってて、みんな見応えありました!
テバターさんは、「バンテアイ・スレイ」のが一番美しかったかも~。

熱帯雨林の中に佇む遺跡、周りの温度と湿度....、
その大地と空気の雰囲気を感じつつ....、
ぜひナマで見てみてくださ~い(笑)!!

解説は...ガイドetc.から省略引用なのですが(苦笑)、
少しでも、楽しんでいただければ幸いで~す♪

東洋の遺跡を楽しんだ後に食べる、
リコッタホットケーキやオムレツは、サイコーでした(笑)。
【2012/08/07 13:05】 | キュウ親 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kyudora.blog13.fc2.com/tb.php/599-3fcf5fd6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫