秋の夜長”も”日本酒で!

 2013-10-11
(今回は、旅でもねこでもありませ~ん&コメ欄閉じてま~す)

10月に入り、「小笹屋 竹鶴」(720ml)を4種類・計10本通販購入しました。
P1100576.jpg

「小笹屋 竹鶴」….3年ちょっと前、
広島の「山人」というお店で出会ってから、お気に入りの銘柄です♪

デザインが似通った4種類のお酒ですが、
左から全部、微妙に違う...4種類なんで~す(笑)!!
P1100581.jpg P1100582.jpg

P1100583.jpg P1100584.jpg
(画像はクリックで拡大します)

左から….、
・生酛(きもと)造り、平成21酒造年度のお酒
・大和雄町(広島県三原市大和町産の、雄町というコメ)平成23酒造年度のお酒
・宿根雄町(広島県竹原市宿根産の、雄町というコメ)平成23酒造年度のお酒
・宿根雄町(広島県竹原市宿根産の、雄町というコメ)平成24酒造年度のお酒



「小笹屋 竹鶴」
アルコール度数が19~21%と日本酒では高く、
さらに、流行りの吟醸酒とは違って…酸度が高く旨みが強い日本酒です!

以前の記事でも書いたけど、
ワインや吟醸酒がスレンダーな洋服だとしたら....、
この酒は...、「恰幅よい紋付袴や着物」のような味わいです~。

(でも、日本酒が苦手な人には「終電の酔っぱらいオヤヂのにおい」って感じちゃうかも!?)


特に…宿根雄町のは、平成23酒造年度と平成24酒造年度のを購入。
P1100586.jpg
最新の24年度と、1年分練れてる!?23年度の飲み比べ♪
(酔っぱらっちゃうと、多分その違いが...わからないケド(苦笑))


基本…自宅での晩酌はほとんど、
「最初にビール」→「ぬる燗の小笹屋竹鶴」なんです。
(現時点で、小笹屋竹鶴がMy日本酒 No.1なので)

春夏秋冬一年中、いつでも” ぬる燗”で飲んでいるのですが、
陽が短くなる秋は、「日本酒シーズン開幕」みたいな雰囲気なので…、
ここで、日本酒新年を迎えたような新たな気持ちで、
秋の夜長”も”日本酒を…楽しんじゃいま~す(笑)!!



関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :ヒトの日々 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫