スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2014年7月ヨーロッパ旅行(速報の4!?) 自宅です

 2014-07-15
(コメ欄閉じていま~す)
お返事やご訪問が滞り気味で、失礼をば致しております。

先日、つつがなく夏旅行を終え、帰国・帰宅しました。
すっきりとした気持ちで、自宅に戻りたかったのですが...。


復路の便で日本に到着し、
入国手続きの後、手荷物引渡しのカルーセルのぐるぐるを眺め...、
最後の手荷物が出てきても、我が家のは出てこなくって。


実は、ヒトは帰国したけど、
預け入れ手荷物の皆様が未だもって、
・・・旅行中なのでございます~(苦笑)。



先ずは、こんな感じでして~。
delay.jpg



その後の本日、バゲッジクレームのスタッフさんから自宅にTel、
(キュウ母が電話対応)
「3つのうちの1つが、CDGで確認されました。FRAに移送し、
 明日朝に日本着の便に載せます」
と連絡があり、ちょっと安心。


そういえば、帰りのCDG,T1のチェックインカウンター、
チェックインして、タグつけてもらい、
預入手荷物はベルトコンベアで流れる...はずなのに、
グラホさん、後ろを指差し「そこの荷物たちと一緒にに置いといて」と。

空港内の物流にトラブルが生じているのか?
カウンターから振り返ると、後ろに山積みになった預入手荷物たちが...!!

この時、"ちょっとやべ~な"とは感じたのですが、
シェンゲンフライトなのに2時間以上前にチェックインしたし、
自分のFRAでの乗り継ぎは3時間以上あって、
自分が搭乗する後のCDG-FRA便でさえ、FRA-TYO乗継のMCTクリアしてるし、
まぁ間に合うようには載せてくれるだろう...と思ってました。



でも...やっぱりというか甘かったというか、
まず最初に発見された荷物は、CDGにあったそうで(笑)。

乗継でのロスバケには定評あるCDGだけど、
出発便の手荷物さえ、ちゃんと載せることができんのかいっ!!


で、前述の通り、最初のバゲッジクレームからのTelでは、
とりあえず発見された1つの荷物は、
ANAさん便で日本に運ぶと連絡があったのですが...。
夕方再びTelがあり「当該ANAさん便が機材整備で欠航になりました」...。
・・・笑うしかないかも~!!!

まぁ、残り2つの手荷物も、たぶんパリで滞ってるんでしょうねぇ。




ということで、
荷物が帰ってくるなり、完全に紛失認定されるなり...までは、
どうにも気分が落ちつかないので、
通常のねこ記事や旅記事作成、そしてブログ活動!?の本格再開は、
荷物問題決着の、その後にさせて頂きたく存じま~す(謝)。






にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :2014年夏ヨーロッパ旅行 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。